○佐賀市農業近代化資金融通助成に関する条例施行規則

平成17年10月1日

規則第145号

(趣旨)

第1条 この規則は、佐賀市農業近代化資金融通助成に関する条例(平成17年佐賀市条例第150号。以下「条例」という。)の施行に関し別に定めあるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(助成金の額)

第2条 助成金の額は、毎年1月1日から12月31日までの期間における条例第2条に規定する資金ごとに算出した融資平均残高に対し、それぞれ当該利子補給率の割合で計算した金額の合計額とする。

(助成対象の承認)

第3条 融資機関は、助成金の対象資金を貸し付けようとするときは、農業近代化資金利子補給承認申請書(様式第1号)に借入申込書(様式第2号)及び計画明細書(様式第3号又は様式第4号)を付し市長に申請し、その承認を受けなければならない。

2 市長は、前項の申請書が提出されたときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、農業近代化資金利子補給承認書(様式第5号)をもって当該融資機関に対して通知する。

3 融資機関は、前項の承認の通知を受けた日から2箇月以内に貸付けを行わなければならない。

4 融資機関は、前項の貸付けを行った日から10日以内に市長に対し農業近代化資金貸付実行報告書(様式第6号)を提出しなければならない。

(助成金の申請)

第4条 助成金を受けようとするものは、農業近代化資金利子補給助成金交付申請書(様式第7号)第2条の規定により計算した計算明細書を付し市長に申請しなければならない。

(助成金申請書の提出期限)

第5条 助成金申請書の提出期限は、毎年2月10日とする。

(助成金の請求)

第6条 市長は、第4条の規定により申請書を受理したときは、その内容を審査し、適当と認めたときは文書により決定の通知をする。

2 前項の決定の通知を受けたものは、助成金を請求書により市長に請求しなければならない。

(平27規則10・一部改正)

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の佐賀市農業近代化資金融通助成に関する条例施行規則(昭和37年佐賀市規則第2号)、諸富町農業近代化資金融通助成に関する条例施行規則(昭和40年諸富町規則第3号)又は大和町農業近代化資金融通助成に関する条例施行規則(昭和37年大和町規則第3号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成27年3月25日規則第10号)

(施行期日)

1 この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成27年10月26日規則第45号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像画像画像画像画像画像

画像

画像

画像

(平27規則45・一部改正)

画像

佐賀市農業近代化資金融通助成に関する条例施行規則

平成17年10月1日 規則第145号

(平成27年10月26日施行)