○佐賀市クリーク公園条例施行規則

平成17年10月1日

規則第148号

(趣旨)

第1条 この規則は、佐賀市クリーク公園条例(平成17年佐賀市条例第154号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用時間)

第2条 管理棟及びボートの利用時間は、午前9時30分から午後5時までとする。ただし、市長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(休館日等)

第3条 管理棟の休館日は、次のとおりとする。ただし、市長が必要と認めるときは、これを変更し、又は臨時に休館することができる。

(1) 月曜日(その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)に当たる場合は、その日に最も近い休日でない日)

(2) 休日の翌日(その日が土曜日若しくは日曜日又は休日に当たる場合を除く。)

(3) 12月29日から翌年1月3日までの日

2 ボートの利用は、3月20日から10月31日までの土曜日、日曜日及び休日に限るものとする。ただし、市長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(行為の許可)

第4条 条例第6条第1項の許可を受けようとする者は、クリーク公園内行為・占用(変更)許可申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 行商、露店営業その他これらに類する行為をする場合には、販売品目、販売価格、販売時間及び販売人員を記載した計画書

(2) 募金その他これに類する行為をする場合には、募金趣意書

(3) 展示会、祭礼その他これらに類する催しをする場合には、入場料金、現場責任者の住所及び氏名並びにプログラムを記載した計画書

(4) 花火、キャンプファイア等火気を使用する場合には、種類、数量、使用方法、使用時間並びに現場責任者の住所及び氏名を記載した計画書

(5) 工作物その他の物件を設ける場合には、当該工作物その他の物件に係る位置図、平面図、構造図及び断面図

(6) 許可を受けた事項を変更しようとする場合には、変更内容を記載した書類

2 市長は、前項の許可をするときは、申請者にクリーク公園内行為・占用許可証(様式第2号)を交付するものとする。

3 前項の許可証は、当該許可に係る行為中常に見やすい位置に掲示しておかなければならない。

(使用の許可)

第5条 条例第7条第1項の許可を受けようとする者は、クリーク公園管理棟使用許可申請書・許可書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の許可をするときは、申請者にクリーク公園管理棟使用許可申請書・許可書を交付するものとする。

(占用の許可)

第6条 条例第8条第1項の許可を受けようとする者は、クリーク公園工作物等占用(変更)許可申請書(様式第4号)第4条第1項第5号に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の許可をするときは、申請者にクリーク公園工作物等占用許可書(様式第5号)を交付するものとする。

(占用料の減免)

第7条 条例第9条第2項の規定による占用料の減免は、次のとおりとする。

(1) 公共的団体が農産物等の直売施設を設ける場合で、かつ、公園の設置目的に適合する場合 免除

(2) 公園の設置目的を達成するため、市長が特に必要と認めた場合 免除又は必要と認める額の減額

2 前項の規定により占用料の減免を受けようとする者は、クリーク公園占用料減免申請書(様式第6号)を市長に提出しなければならない。

(補則)

第8条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の佐賀市クリーク公園条例施行規則(平成12年佐賀市規則第6号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

佐賀市クリーク公園条例施行規則

平成17年10月1日 規則第148号

(平成17年10月1日施行)