○佐賀市土地改良事業分担金徴収条例施行規則

平成17年10月1日

規則第155号

(趣旨)

第1条 この規則は、佐賀市土地改良事業分担金徴収条例(平成17年佐賀市条例第165号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(分担金の総額)

第2条 条例第3条第1項の分担金の総額は、土地改良事業の施行に要する費用につき、市が負担する負担金の額に、別表の左欄に掲げる事業の種別により同表の右欄に掲げる率を乗じて得た額とする。この場合において、その額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てるものとする。

(分担金の決定通知)

第3条 市長は、条例第3条第2項の分担金の額を決定したときは、当該分担金の徴収を受ける者に土地改良事業分担金決定通知書(様式第1号)により通知するものとする。

(分割徴収)

第4条 条例第4条ただし書の規定により分担金の分割徴収を受けようとする者は、土地改良事業分担金分割徴収申請書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

2 前項の申請書の提出があった場合において、市長は、その内容を審査し、適当と認めるときは、土地改良事業分担金分割徴収決定通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

(分担金の減免等)

第5条 条例第5条の規定により分担金の減免又は徴収猶予を受けようとする者は、土地改良事業分担金減免(徴収猶予)申請書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

2 前項の申請書の提出があった場合において、市長は、その内容を審査し、適当と認めるときは、土地改良事業分担金減免(徴収猶予)決定通知書(様式第5号)により申請者に通知するものとする。

(補則)

第6条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の規定は、平成18年度における土地改良事業に係る分担金の徴収から適用し、平成17年度においては、合併前の佐賀市土地改良事業分担金徴収条例施行規則(平成4年佐賀市規則第13号)の例による。

附 則(平成23年11月30日規則第34号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年7月6日規則第35号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年7月31日規則第40号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

(平23規則34・平24規則35・平26規則40・一部改正)

事業の種別

ため池等整備事業

大規模

17分の8.5

小規模

20分の10

県単ため池災害防止事業

50分の25

農地災害復旧事業

100分の30

土地改良施設維持管理適正化事業

揚水機及び用水路に係る事業

40分の40

排水路に係る事業

40分の16

水利施設に係る事業

40分の8

中山間地域総合整備事業

農業生産基盤

15分の5

農村生活環境基盤整備事業の安全施設

20分の10

農村振興総合整備事業による農村公園

35分の5

県単さが農業農村振興整備事業

中山間地域農地等保全事業

55分の25

農業体質強化基盤整備促進事業

45分の25

農業基盤整備促進事業

振興山村、過疎地域又は特定農山村地域において行う事業

45分の15

画像

(平26規則40・一部改正)

画像

画像

(平26規則40・一部改正)

画像

画像

佐賀市土地改良事業分担金徴収条例施行規則

平成17年10月1日 規則第155号

(平成26年7月31日施行)