○佐賀市立小中学校通学区域に関する規則

平成17年10月1日

教育委員会規則第21号

(趣旨)

第1条 この規則は、佐賀市立小中学校(以下「小中学校」という。)の通学区域(以下「学区」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(通学区域)

第2条 小中学校の学区は、佐賀市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が別に定める。

(学区と住所との関係)

第3条 小中学校に就学(転入学も含む。)する学齢児童生徒は、その者の保護者の現住所の属する学区の小中学校に就学しなければならない。

2 小中学校に在学中の児童生徒の保護者が他の学区に転住したときは、児童生徒は、その学区の小中学校に転入学しなければならない。

3 前項に掲げる保護者とは、学校教育法(昭和22年法律第26号)第16条に規定されたもので、学齢簿に記載されたものをいう。

(平19教委規則29・一部改正)

(就学校の変更)

第4条 前条の規定にかかわらず、保護者は、特別の理由がある場合は、教育委員会の認可を得て、就学すべき学校の指定を変更することができる。

2 前項の規定により認可を受けようとする児童生徒の保護者は、別に定める申請書を教育委員会に提出しなければならない。

(補則)

第5条 この規則に定めるもののほか児童生徒の就学すべき学校の指定に関し必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年12月25日教育委員会規則第29号)

この規則は、平成19年12月26日から施行する。

佐賀市立小中学校通学区域に関する規則

平成17年10月1日 教育委員会規則第21号

(平成19年12月26日施行)

体系情報
第12編 教育委員会/第2章 学校教育
沿革情報
平成17年10月1日 教育委員会規則第21号
平成19年12月25日 教育委員会規則第29号