○佐賀市立教育キャンプ場条例

平成17年10月1日

条例第211号

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、少年を自然に親しませ、その健全育成を図るため、教育キャンプ場を設置する。

(名称及び位置)

第2条 教育キャンプ場の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 佐賀市立金立教育キャンプ場

位置 佐賀市金立町大字金立3412番地3

(利用の許可)

第3条 教育キャンプ場を利用しようとする者は、佐賀市教育委員会(以下「教育委員会」という。)の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 教育委員会は、必要があると認めるときは、前項の許可に際し、条件を付することができる。

(利用の制限)

第4条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する者に対し、前条の許可を与えず、又は既に与えた許可を取り消し、若しくは教育キャンプ場から退場させることができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認められる者

(2) 他人に危害を及ぼし、又は迷惑をかけるおそれがあると認められる者

(3) 前2号に掲げるもののほか、管理上支障があると認められる者

(遵守事項)

第5条 教育キャンプ場の利用の許可を受けた者は、次の事項を守らなければならない。

(1) 所定の場所以外で火気を使用しないこと。

(2) 樹木、施設等を損傷する行為をしないこと。

(3) 場内を不潔にしないこと。

(4) 所定の場所以外に出入りしないこと。

(5) 指定された器具以外のものを使用しないこと。

(6) 前各号に掲げるもののほか、係員の指示に従うこと。

(損害賠償の義務)

第6条 故意又は過失により、教育キャンプ場の施設、設備等を損傷し、又は滅失した者は、その損害を賠償しなければならない。ただし、教育委員会がやむを得ない理由があると認めるときは、この限りでない。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか教育キャンプ場の管理に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の佐賀市立教育キャンプ場条例(昭和46年佐賀市条例第23号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

佐賀市立教育キャンプ場条例

平成17年10月1日 条例第211号

(平成17年10月1日施行)

体系情報
第12編 教育委員会/第3章 社会教育
沿革情報
平成17年10月1日 条例第211号