○佐賀市立教育集会所条例

平成17年10月1日

条例第213号

(設置)

第1条 同和地区及びその近隣の住民(以下「地域住民」という。)の教育水準の向上及び福祉の増進を図るため、本市に教育集会所(以下「集会所」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 集会所の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

佐賀市立同和教育集会所

佐賀市神園四丁目1番11号

佐賀市立田代ふれあいセンター

佐賀市田代二丁目9番34号

佐賀市立大和教育集会所

佐賀市大和町大字池上1745番地

佐賀市立久保田教育集会所

佐賀市久保田町大字久保田389番地

(平19条例85・一部改正)

(事業)

第3条 集会所は、第1条の目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。

(1) 各種の学級、講座等の開催に関すること。

(2) 地域住民の自主的かつ組織的な教育活動の助長に関すること。

(3) 各種相談事業に関すること。

(4) 集会所の施設及び設備の供用に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、集会所の目的達成に必要なこと。

(職員)

第4条 集会所に所長その他必要な職員を置く。

(利用の届出)

第5条 集会所を利用しようとする者は、規則で定めるところにより、佐賀市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に届け出なければならない。

(利用の制限)

第6条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、集会所の利用を拒むことができる。

(1) 利用者(利用しようとする者を含む。以下この条において同じ。)が集会所の設置の目的に反する利用をし、又はそのおそれがあるとき。

(2) 利用者が集会所の建物又は附属設備を破損し、若しくは滅失させたとき、又はそのおそれがあるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、集会所の管理上支障があるとき。

(損害賠償の義務)

第7条 利用者がその責めに帰すべき理由により、集会所の建物又は附属設備を破損し、又は滅失したときは、これを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか集会所の管理に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の佐賀市立教育集会所条例(昭和49年佐賀市条例第18号)又は大和町立教育集会所の設置及び管理に関する条例(昭和52年大和町条例第10号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(久保田町の編入に伴う経過措置)

3 久保田町の編入の日の前日までに、編入前の久保田町立教育集会所の設置及び管理に関する条例(昭和54年久保田町条例第4号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(平19条例85・追加)

附 則(平成19年9月25日条例第85号)

この条例は、平成19年10月1日から施行する。

佐賀市立教育集会所条例

平成17年10月1日 条例第213号

(平成19年10月1日施行)