○佐賀市消防団規則

平成17年10月1日

規則第208号

(趣旨)

第1条 この規則は、消防組織法(昭和22年法律第226号)及び佐賀市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例(平成17年佐賀市条例第230号)に基づき、消防団の組織及び消防団員の階級等に関し必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 消防団に、消防団本部及び方面隊を置く。

2 方面隊に支団を、支団に分団を置き、分団に部を、部に班を置くことができる。

3 方面隊及び支団本部分団に女性部及びラッパ隊を置くことができる。

4 消防団本部の名称及び位置並びに方面隊、支団、分団及び部の名称及び区域は、別表第1のとおりとする。

(平21規則22・全改)

(階級)

第3条 消防団員の階級は、団長、副団長、分団長、副分団長、部長、班長及び団員とする。

2 次の表の左欄に掲げる職にある者の階級は、それぞれ当該右欄に掲げるとおりとする。

階級

団長

団長

副団長、方面隊長、支団長、副方面隊長

副団長

副支団長、分団長、ラッパ隊長

分団長

副分団長、ラッパ隊長、ラッパ副隊長

副分団長

部長

部長

班長

班長

基本団員、支援団員

団員

(平21規則22・全改)

(職の設置)

第4条 消防団本部に団長1人及び副団長3人以内を置く。

2 方面隊に方面隊長及び副方面隊長1人を置く。

3 支団に支団長及び副支団長1人を置く。

4 分団に分団長1人を置き、副分団長2人以内及び各部に属さない部長1人を置くことができる。

5 各部に部長1人を置き、班長2人を置くことができる。

6 ラッパ隊に隊長、副隊長及び部長を置くことができる。

(平21規則22・全改、平23規則22・一部改正)

(職務)

第5条 団長は、消防団の事務を統括し、消防団員を指揮監督する。

2 副団長は、団長を補佐し、団長に事故があるとき又は不在のときは、その職務を代理する。

3 方面隊長は、上司の命を受け、当該方面隊の消防事務を統括し、所属の消防団員を指揮監督する。

4 副方面隊長は、方面隊長を補佐し、方面隊長に事故があるとき又は不在のときは、その職務を代理する。

5 支団長は、上司の命を受け、当該支団の消防事務を統括し、所属の消防団員を指揮監督する。

6 副支団長は、支団長を補佐し、支団長に事故があるとき又は不在のときは、その職務を代理する。

7 分団長は、上司の命を受け、当該分団の消防事務を処理し、所属の消防団員を指揮監督する。

8 副分団長は、分団長を補佐し、分団長に事故があるとき又は不在のときは、その職務を代理する。

9 ラッパ隊長は、上司の命を受け、当該ラッパ隊の事務を処理し、所属の消防団員を指揮監督する。

10 ラッパ副隊長は、ラッパ隊長を補佐し、ラッパ隊長に事故があるとき又は不在のときは、その職務を代理する。

11 部長は、上司の命を受け、当該部の消防事務を処理する。

12 班長は、上司の命を受け、当該班の消防事務を処理する。

13 基本団員及び支援団員は、上司の命を受け、消防事務に従事する。

(平21規則22・全改)

(任期)

第6条 消防団役員(団長及び副団長の階級にある者をいう。)の任期は、2年とする。ただし、消防団役員が欠けた場合における補欠の役員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 消防団役員は、再任されることができる。

(平21規則22・全改)

第7条 削除

(平21規則22)

(宣誓)

第8条 消防団員に任命されたときは、宣誓書(別記様式)に署名しなければならない。

(消防車の通行)

第9条 消防車が災害現場に出動するときは、交通法規の定めに従うとともに、サイレンを鳴らし、かつ、赤色の警光灯をつけなければならない。

2 消防車は、災害現場等から引き返す途中その他の場合は、交通法規に従わなければならない。

(消防車等乗車責任者の遵守事項)

第10条 災害出動又は引揚げの場合、消防車等に乗車する責任者は、次の事項を厳守しなければならない。

(1) 責任者は、機関担当員の隣席に乗車しなければならない。

(2) 消防団員及び消防職員以外は、消防車に乗車させてはならない。

(3) 消防車は、一列縦隊で安全な距離を保って走行しなければならない。

(区域外の出動)

第11条 消防団は、市長の許可を得ないで佐賀市の区域外の災害現場等に出動してはならない。ただし、出動の際は、管轄区域内であると認められたにもかかわらず、現場に近づくに従って管轄区域外と判明したとき、及び佐賀市と相互応援協定を結んでいる市町村の区域内に出動する場合は、この限りでない。

(現場における活動)

第12条 消防団は、設備機械器具及び資材を最高度に活用し、損害を最少限度に止め、災害の防御及び鎮圧に努めなければならない。

(現場における遵守事項)

第13条 消防団が出動した場合は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 消防団員は、消防団長の指揮の下に行動しなければならない。消防団長は、消防長の所轄の下に行動しなければならない。

(2) 消防作業は、真剣に行わなければならない。

(3) 放水口数は、有効に使用し、消防作業の効果を収めるとともに、火災の損害及び濡損を最少限度に止めなければならない。

(4) 分団は、分団相互及び消防署と連絡協調しなければならない。

(死体の処置)

第14条 災害現場において死体を発見したときは、責任者は、消防長に報告するとともに、警察職員又は検視員が到着するまでその現場を保存しなければならない。

(放火の疑いのある場合の処置)

第15条 放火の疑いのある場合は、責任者は、次の措置を講じなければならない。

(1) 直ちに消防長及び警察職員に通報しなければならない。

(2) 現場保存に努めなければならない。

(3) 事件は慎重に取り扱わなければならない。

(施設及び器材)

第16条 消防団に次に掲げる施設及び器材を備えなければならない。

(1) 消防団旗

(2) 消防格納庫

(3) 消防に必要な機械器具

(4) 前3号に掲げるもののほか、必要なもの

(施設、器材の保管)

第17条 前条の施設器材は、団長の責任において保管するものとする。

2 施設器材を損傷し、又は亡失したときは、団長は直ちに文書をもって、市長に届け出なければならない。

3 施設器材の損傷又は亡失が故意によるときは、その者に対し市長はこれを賠償させることができる。

(文書簿冊)

第18条 消防団には、次の文書簿冊を備え、これを整理しておかなければならない。

(1) 団員名簿

(2) 表彰関係書類

(3) 設備器材台帳

(4) 給貸与品台帳

(5) 前各号に掲げるもののほか、必要なもの

(訓練及び礼式)

第19条 消防団員の訓練及び礼式については、消防訓練礼式の基準(昭和40年消防庁告示第1号)によるものとする。

(服制)

第20条 消防団員の服制については、別表第2のとおりとする。

(分限及び懲戒に関する処分の手続)

第21条 消防団員の分限及び懲戒に関する処分の手続は、職員の分限に関する条例(平成17年佐賀市条例第33号)及び職員の懲戒の手続及び効果に関する条例(平成17年佐賀市条例第34号)を準用する。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第24号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成19年9月28日規則第137号)

この規則は、平成19年10月1日から施行する。

附 則(平成20年3月31日規則第6号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月27日規則第22号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月25日規則第15号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月31日規則第22号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月27日規則第14号)

(施行期日)

1 この規則は、平成31年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、現にある旧服制による活動服等は、当分の間、これを使用することができる。

別表第1(第2条関係)

(平21規則22・全改、平22規則15・平23規則22・一部改正)

ア 消防団本部の名称及び位置

名称

位置

佐賀市消防団本部

佐賀市総務部消防防災課内

イ 方面隊、支団、分団及び部の名称及び区域

名称

区域

北部方面隊

三瀬支団

支団本部分団

 

三瀬村三瀬、三瀬村藤原、三瀬村杠の全域

第1分団

第1部

土師、小切、中鶴

第5部

井手野

第2分団

第2部

宿、山中

第6部

今原、松尾

第3分団

第3部

詰瀬、中村

第7部

平松

第4分団

第4部

岸高、唐川、池田、広瀬、弥栄

富士支団

支団本部分団

 

富士町全域

第1分団

第1部

古湯、畑瀬

第2部

柚木

第3部

貝野

第4部

杉山、広溜

第5部

須田

第6部

鎌原、苣木

第7部

市川

第2分団

第8部

栗並

第9部

大串

第10部

中原、大野

第11部

上無津呂

第12部

下無津呂

第13部

麻那古

第3分団

第14部

菖蒲、下関屋

第15部

下合瀬、上合瀬

第16部

古場

第17部

藤瀬、上関屋

第4分団

第18部

湯の原、熊の川

第19部

内野、中の原、小川内

第20部

下小副川

第21部

上小副川、大野原

大和支団

支団本部分団

 

大和町全域

第1分団

第1部

四十坊、桟敷、楮原、田中久郎、井出口、原折敷野、萩平柏木、大谷泥畠、屋形所

第3部

柚木、古道、仲、井手

第4部

井手原、上梅野一区、上梅野二区、三反田、広坂有木、下田

第2分団

第8部

八反原、上都渡城、下都渡城、出羽、惣座

第9部

久池井、春日

第10部

野口、北原一区、北原二区、北原三区、北原四区、北原団地、大和団地、国府団地

第3分団

第11部

小川一区、小川二区、小川団地、花久保、みどり団地

第12部

国分北一区、国分北二区、国分南一区、国分南二区、福島、春日丘、福田

第13部

東町A、東町B、東町C、南小路A、南小路B、南小路C、西町A、西町B、中町、上町A、上町B、新道、佐熊、尼寺団地、南小路団地、東小路

第14部

駄市川原、五領

第4分団

第15部

川上

第16部

水上、西山田、小隈

第17部

大願寺

第18部

大久保

第19部

東山田、サングリーン大和、クローバータウン

第20部

平野、立石

第21部

平田

第22部

下戸田

第23部

上戸田

第5分団

第24部

於保、佐保

第25部

池上

第26部

楢田

第27部

久留間、吉富

第28部

下村、山王

第30部

今古賀、江熊野

第31部

今山、西野

第32部

横馬場

中部方面隊

第1支団

中央分団

第1部

勧興校区、神野校区、循誘校区(一部を除く。)、日新校区(一部を除く。)、赤松校区(一部を除く。)、兵庫校区の一部、本庄校区の一部、新栄校区の一部、若楠校区の一部

第2部

第3部

第4部

第5部

第6部

第7部

第8部

第9部

第10部

西与賀分団

第1部

西与賀校区(一部を除く。)

第2部

第3部

本庄分団

第1部

本庄校区(一部を除く。)、日新校区の一部、赤松校区の一部

第2部

第3部

第2支団

嘉瀬分団

第1部

嘉瀬校区、西与賀校区の一部

第2部

第3部

第4部

第5部

高木瀬分団

第1部

高木瀬校区、若楠校区(一部を除く。)

第2部

第3部

第4部

第5部

第6部

鍋島分団

第1部

鍋島校区、開成校区、新栄校区(一部を除く。)、日新校区の一部

第2部

第3部

第4部

第5部

第3支団

久保泉分団

第1部

久保泉校区

第2部

第3部

第4部

第5部

第6部

第7部

第8部

第9部

第10部

第11部

第12部

金立分団

第1部

金立校区

第2部

第3部

第4部

第5部

第6部

第4支団

巨勢分団

第1部

巨勢校区、循誘校区の一部

第2部

第3部

兵庫分団

第1部

兵庫校区(一部を除く。)

第2部

第3部

第4部

第5部

第6部

第7部

第8部

第9部

第10部

第11部

第5支団

北川副分団

第1部

北川副校区

第2部

第3部

第4部

第5部

第8部

蓮池分団

第1部

蓮池校区

第2部

第3部

第4部

第5部

南部方面隊

諸富支団

支団本部分団


諸富町全域

第1分団

第1部

陣内、加与丁

第2部

太田、土師

第3部

大堂村、大堂津、大堂渡端、橋津

第4部

徳富1区、徳富2区

第5部

上大津

第6部

下大津

第2分団

第1部

諸富津、諸富新村

第2部

大中島

第3部

石塚

第4部

為重

第3分団

第1部

東搦1区、東搦2区

第2部

西搦

第3部

浮盃

第4部

東寺井

第5部

西寺井

第4分団

第1部

上下

第2部

三重

第3部

福田

第4部

山領

第5部

小杭

第6部

野町

川副支団

支団本部分団

 

川副町全域

第1分団

第1部

南1区、南2区、南3区

第2部

南4区、南5区、南6区東、南6区西

第3部

南7区、南8区北、南8区南、南9区、南10区、南11区

第4部

南12区、南13区、南14区

第5部

南15区北、南15区西、南15区南、南16区、南17区、南18区

第7部

南19区、南20区、南21区

第8部

南23区南、南24区、南25区、南26区

第9部

南22区

第2分団

第1部

大1区、大2区、大3区、大4区北、大4区南

第2部

大5区、大6区、大7区

第3部

大8区、大9区、大10区

第3分団

第1部

東古賀1区、東古賀2区、東古賀3区

第2部

米納津、福富

第3部

崎ヶ江、南早、新町、中早、北早、上早

第4部

加仁町

第5部

下早、吉村、中津、和崎

第4分団

第1部

東南里、西南里

第2部

野々古賀、坂井

第3部

西古賀

第4部

西船津、舟津、佐房

第5部

鰡江、道免

第6部

新村、久町

第7部

小々森

第8部

広江東、広江西、広江南、広江北

第9部

西干拓

東与賀支団

支団本部分団

 

東与賀町全域

第1分団

第2部

今町東、今町西、梅田

第5部

搦東、搦西

第6部

作出1、作出2、中割

第12部

新村

第2分団

第1部

大野1、大野2、大野3、大野西

第7部

大授1、大授2、大授3

第8部

中村

第9部

住吉東、住吉西

第3分団

第3部

上古賀、下古賀、田中

第4部

船津北、船津南、上町

第10部

立野、実久、鍛冶屋

第11部

下飯盛北、下飯盛南、榎団地

第13部

中飯盛

久保田支団

支団本部分団

 

久保田町全域

第1分団

第1部

町東、町西、徳間、徳久、快万

第2部

久保田宿、下満、副所、上恒安

第11部

北田

第2分団

第3部

小路、草木田、中副、麦新ケ江

第4部

新田

第5部

上新ケ江

第3分団

第6部

下新ケ江

第7部

大立野東

第8部

福富

第12部

永里

第14部

横江、金丸

第4分団

第9部

久富東、久富西

第10部

搦東、搦西

第13部

江戸

別表第2(第20条関係)

(平21規則22・全改、平31規則14・一部改正)

佐賀市消防団員服制

品種

区分

摘要

男性

女性

暗い濃紺

き章

男性

金色金属製消防団き章をモール製金色桜で抱擁する。

台地は、黒とする。

形状及び寸法は、別図のとおりとする。

女性

銀色金属製消防団き章をモール製銀色桜で抱擁する。

台地は、暗い濃紺とする。

形状及び寸法は、別図のとおりとする。

製式

男性

円形とし、黒色の前ひさし及びあごひもをつける。

あごひもの両端は、帽の両側において消防団き章をつけた金色ボタン各1個で留める。

形状及び寸法は、別図のとおりとする。

女性

円形つば型とし、帽の周りに暗い濃紺又はその類似色のリボンを巻くものとする。

形状は、別図のとおりとする。

周章

男性については、帽の腰回りには、幅30ミリメートルの黒色ななこ織をつける。

副分団長以上の場合には、平しま織金線をつける。

形状及び寸法は、別図のとおりとする。

略帽

 

アポロキャップとする。

形状は、別図のとおりとする。

安全帽

地質

強化合成樹脂又は堅ろうな材質とする。

き章

金色の消防団き章とする。

形状及び寸法は、別図のとおりとする。

製式

円形とし、内部に頭部の振動を防ぐ装置をつける。

あごひもは、合成繊維とする。

形状は、別図のとおりとする。

周章

帽の腰回りに1条ないし3条の赤色の反射線をつける。

寸法は、別図のとおりとする。

防火帽

保安帽

地質

白色又は銀色の強化合成樹脂又は堅ろうな材質とする。

き章

金色の消防団き章とする。

形状及び寸法は、別図のとおりとする。

製式

かぶと型とし、内部に頭部の振動を防ぐ装置をつける。

前後部にひさしをつけ、あごひもは、合成繊維とする。

形状は、別図のとおりとする。

しころ

地質

銀色の耐熱性防水布とする。

製式

取り付け金具により保安帽に付着させるものとし、前面は、両眼で視認できる部分を除き、閉じることができるものとする。

形状は、別図のとおりとする。

甲種衣

上衣

帽と同様とする。

製式

前面

男性

折り襟

消防団き章をつけた金色ボタンを1行につける。

左胸部及び下部左右に各1個のポケットをつけ、下部左右のポケットにはふたをつける。

左袖上部にエンブレム受け面ファスナーをつける。

形状及び寸法は、別図のとおりとする。

女性

折り襟

消防団き章をつけた銀色ボタンを1行につける。

形状は、打合せを右上前とするほかは、男性と同様とする。

後面

男性

すその中央を裂く。

形状は、別図のとおりとする。

女性

両側脇線のすそを裂く。

形状は、別図のとおりとする。

袖章

男性

表半面に1条ないし3条の金色しま織線をまとう。

形状及び寸法は、別図のとおりとする。

女性

表半面に1条ないし3条の銀色しま織線をまとう。

形状及び寸法は、男性と同様とする。

下衣

帽と同様とする。

製式

男性

長ズボンとする。

両脇縫目に幅15ミリメートルの黒色ななこ織の側章をつける。

形状及び寸法は、別図のとおりとする。

女性

長ズボンとする。

形状は、別図のとおりとする。

乙種衣

上衣

製式

はっぴ式とし、腰の周囲には、約45ミリメートル幅の白色平線2条を染め出し、腰部の後方に幅40ミリメートルの黒帯をつける。白色平線の間隔は、約30ミリメートルとする。

形状は、別図のとおりとする。

襟章

左襟に消防団名、右襟に分団名及び階級を白字のかい書で染め出す。

形状は、別図のとおりとする。

背章

径約300ミリメートル幅15ミリメートルの白色円形線を染め出し、その中央に白字のかい書で消防団名を染め出す。

形状は、別図のとおりとする。

ズボン

上衣と同様とする。

製式

長ズボンとし、両側前方に各1個のポケットをつける。

両脇縫目に幅8ミリメートルの赤色平線1条、その両辺に幅3ミリメートルの白色平線各1条をつける。

幅20ミリメートルの綿の黒腰紐をつける。

形状は、別図のとおりとする。

活動服

上衣

紺とし、胸囲及び袖(別図中網掛け部分)にオレンジ色を配する。

製式

ファスナー留めとし、ポケットは、左右胸部にふたをつけ、面ファスナーで留める。

長袖カフスつきファスナー留めとし、左袖上部にポケット1個をつけ、右袖上腕部(エンブレム受け用)、右胸ポケット上部(階級章受け用)及び左胸ポケット上部(消防団章受け用)に面ファスナーをつける。

用途に応じ、通気性、難燃性、強度、帯電・静電防止等の機能性に配慮する。

左右両方に肩章をつける。

形状は、別図のとおりとする。

ズボン

上衣と同様とし、ポケット(別図中網掛け部分)にオレンジ色を配する。

製式

長ズボンとし、両大腿部にふたつきポケットをつけ、左右後方にポケットをつける。

用途に応じ、通気性、難燃性、強度、帯電・静電防止等の機能性に配慮する。

形状は、別図のとおりとする。

バンド

活動服着用時はオレンジ、それ以外の場合は黒

製式

前金具の中央には、消防団き章をつける。

形状及び寸法は、別図のとおりとする。

防火衣

地質

防火帽しころと同様とする。

製式

折り襟ラグラン袖式バンドつきとする。

肩及びその前後に耐衝撃材を入れ、上前は、5個のフックとし、ポケットは、左右側腹部に各1個をつけ、ふたをつける。

形状は、別図のとおりとする。

 

黒の短靴又は安全靴とする。ただし、防火用は黒のゴム製長靴とする。

階級章

階級

甲種衣及び活動服

乙種衣

団長

長さ45ミリメートル、幅30ミリメートルの黒色の台地とし、上下両縁に3ミリメートルの金色平織線、中央に18ミリメートル及び径12ミリメートルの金色消防団き章3個をつけ、上衣の右胸部につける。

肩上を中心として前後にまたぎ、首部背縫から両袖の端に至るまで幅約84ミリメートルの赤色平線1条を、更に下方へ幅24ミリメートルの赤色平線2条を後に染め出す。赤色平線の両辺は、すべて3ミリメートル幅の白色平線を染め出す。白色平線の間隔は、約15ミリメートルとする。

副団長

金色消防団き章2個をつける。他は上に同じ。

上に同じ。

分団長

幅6ミリメートルの金色平線2条及び径12ミリメートルの金色消防団き章3個をつける。他は上に同じ。

肩上を中心として前後にまたぎ、首部背縫から両袖の端に至るまで幅約84ミリメートルの赤色平線1条を、更に下方へ幅24ミリメートルの赤色平線1条を染め出す。赤色平線の両辺は、3ミリメートル幅の白色平線を染め出す。

副分団長

金色消防団き章2個をつける。他は上に同じ。

上に同じ。

部長

金色消防団き章1個をつける。他は上に同じ。

上に同じ。

班長

幅3ミリメートルの金色平織線2条及び径12ミリメートルの金色消防団き章3個をつける。他は上に同じ。

上に同じ。

団員

金色消防団き章2個をつける。他は上に同じ。

肩上を中心として前後にまたぎ、首部背縫から両袖の端に至るまで幅約84ミリメートルの赤色平線1条を染め出す。赤色平線の両辺は、3ミリメートル幅の白色平線を染め出す。

 

形状及び寸法は、別図のとおりとする。

エンブレム

 

形状は、別図のとおりとする。

ネクタイ

 

オレンジ色の本体に紺色と白色の斜線を施す。

別図

(平21規則22・平31規則14・一部改正)

(数字は、寸法を示し、その単位は、ミリメートルとする。)

女性

男性

画像 

画像 

あごひも留めボタン

き章

画像 

画像 

略帽

画像 

制帽につける階級周章

画像

安全帽

正面

側面

画像 

画像 

裏側

き章

画像 

画像 

安全帽の階級周章

画像

防火帽

保安帽

正面

側面

画像

画像

裏側

き章

画像

画像

しころ


画像

甲種衣

前面

袖章

画像 

分団長、副分団長

画像 

団長

画像 

 

副団長

画像 

後面

画像 

ボタン

女性

男性

画像 

画像 

画像 

乙種衣

階級章

団長

副団長

画像 

画像 

分団長

副分団長

部長

班長

画像 

 

団員

画像 

 

乙種ズボン

画像 

画像 

バンド

画像 

活動服

活動服上衣

後面

前面

画像

画像

活動服ズボン

後面

側面

前面

画像

画像

画像

防火衣

前面

画像 

後面

画像 

階級章

団長

副団長

画像 

画像 

分団長

副分団長

画像 

画像 

部長

班長

画像 

画像 

団員

画像 

エンブレム

画像

画像

佐賀市消防団規則

平成17年10月1日 規則第208号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第13編
沿革情報
平成17年10月1日 規則第208号
平成19年3月30日 規則第24号
平成19年9月28日 規則第137号
平成20年3月31日 規則第6号
平成21年3月27日 規則第22号
平成22年3月25日 規則第15号
平成23年3月31日 規則第22号
平成31年3月27日 規則第14号