○佐賀市交通局公印規程

平成17年10月1日

自動車運送事業管理規程第5号

(趣旨)

第1条 この規程は、佐賀市交通局の公印の保管及び使用に関し別に定めのある場合を除くほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程において、「公印」とは、本市交通局の公文書に使用する局印及び職印をいう。

(種類)

第3条 公印の種類は、次に掲げるとおりとする。

(1) 佐賀市交通局の印

(2) 佐賀市自動車運送事業管理者の印

(3) 佐賀市自動車運送事業管理者職務代理者の印

(4) 佐賀市交通局長の印

(5) 佐賀市交通局副局長の印

(6) 佐賀市自動車運送事業出納員の印

(7) 佐賀市交通局総務課長の印

(8) 佐賀市交通局業務課長の印

(9) 佐賀市交通局契印

(形式、使用区分及び保管者)

第4条 公印の名称、寸法、書体、ひながた、使用する文書の区分及びその保管者、個数は、別表のとおりとする。

第5条 公印は、処務上の便宜のため特に必要がある場合は、その配置課の名称又は使用目的を表示する文字をその印章に付け加えることができる。

(保管及び使用)

第6条 公印の保管者は、公印保管の責めに任ずるとともに、その使用は保管者自らの責任において行うものとする。ただし、定例又は軽易のものについては、所属職員のうちから特に指名し、これを行わせることができる。

第7条 公印の使用は、定められた使用区分以外に使用してはならない。

第8条 公印を使用する文書で同一のものを多量に印刷する場合で特に必要がある場合については、管理者の決裁を経て当該公印の印影を刷り込むことができる。

(調製、改刻及び廃棄)

第9条 公印の調製又は改刻及び廃棄については、事前に総務課長(以下「課長」という。)に合議の上、管理者の決裁を受けなければならない。

2 公印を紛失し、及び損傷したとき、その他公印の使用に関し事故があったときは、保管者は直ちに課長を経て管理者に届け出なければならない。

(登録)

第10条 公印を登録し、又は必要な事項を整理するため総務課に公印台帳(様式第1号)を備える。

2 課長は、毎年1回以上保管者が保管する公印を公印台帳と照合しなければならない。

第11条 課長が保管する公印を使用する場合は、押印を要する文書に決裁済の原議書を添付して課長に提示しなければならない。

2 課長は、公印使用簿(様式第2号)を備え必要事項を記録しなければならない。

3 前2項の規定にかかわらず、文書の用途及び数量等の都合によりその手続を省略することができる。

(補則)

第12条 この規程に定めるものを除くほか公印に関しては、その都度管理者の決裁を経なければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行の日の前日までに、合併前の佐賀市交通局公印規程(昭和46年佐賀市自動車運送事業管理規程第7号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規程の相当規定によりなされたものとみなす。

別表(第4条関係)

名称

ひな形番号

寸法

ミリメートル

書体

使用する文書の区分

保管者

個数

局の印

1

方30

てん書

局名をもって発する文書

総務課長

1

管理者の印

2

方22

てん書

管理者名をもって発する文書

総務課長

1

管理者職務代理者の印

3

方22

てん書

管理者職務代理者名をもって発する文書

総務課長

1

局長の印

4

方21

てん書

局長名をもって発する文書

総務課長

1

副局長の印

5

方18

てん書

副局長名をもって発する文書

総務課長

1

出納員の印

6

方18

てん書

出納員名をもって発する文書

企業出納員

1

総務課長の印

7

方18

てん書

総務課長名をもって発する文書

総務課長

1

業務課長の印

8

方18

てん書

業務課長名をもって発する文書

総務課長

1

契印

9

長径45

短径16

てん書

契印

総務課長

1

1

2

3

4

画像 

画像 

画像 

画像 

5

6

7

8

画像 

画像 

画像 

画像 

9

 

画像 

画像

画像

佐賀市交通局公印規程

平成17年10月1日 自動車運送事業管理規程第5号

(平成17年10月1日施行)