○佐賀市公平委員会運営規則

平成19年4月1日

公平委員会規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、佐賀市公平委員会(以下「委員会」という。)の運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(委員長の選挙)

第2条 佐賀市公平委員会委員長(以下「委員長」という。)の選挙は、佐賀市公平委員会委員(以下「委員」という。)相互の無記名投票でこれを行い、投票の過半数を得た者を当選人とする。

2 当選人を定めるに当たり得票数が同じであるときは、くじでこれを定める。

3 委員のうちに異議を有する者がないときは、第1項の規定にかかわらず、指名推薦の方法を用いることができる。

(委員長の任期及び委員長が欠けたときの選挙)

第3条 委員長の任期は、委員の任期による。

2 委員長が辞職又は職務の遂行が不可能になったときは、速やかに選挙しなければならない。

(委員長の代理)

第4条 委員長は、あらかじめ委員長の職務を代理する委員を指定しなければならない。

(委員長の職務権限)

第5条 委員長の担任する事務は、おおむね次のとおりとする。

(1) 委員会の議決を執行すること。

(2) 公印及び書類の保管に関すること。

(3) 職員の任免、給与及び服務に関すること。

(4) その他委員会の庶務に関すること。

(委員長の専決)

第6条 委員会の権限に属する事件は、その議決により委員長において専決処分することができる。

2 委員長は前項に規定する専決処分をしたときは、次回の会議において委員会に報告しなければならない。

(事務職員)

第7条 委員会の事務を処理するため、委員会の事務職員として、事務長及び副事務長を置き、必要により参事、主幹、主査、主任及び主事を置くことができる。

(平26公平委規則2・全改)

(職務)

第8条 事務長は、委員長の命を受けて委員会の事務を総括し、事務職員を指揮監督する。

2 副事務長は、事務長を補佐し、委員会の事務をつかさどり事務職員を指導する。

3 参事、主幹及び主査は、上司の命を受けて委員会の事務をつかさどり事務職員を指導する。

4 主任及び主事は、上司の命を受けて委員会の事務をつかさどる。

(平26公平委規則2・一部改正)

(職務権限の代行)

第9条 事務長に事故があるとき、又は欠けたときは、副事務長がその職務を代行する。

2 副事務長に事故があるとき、又は欠けたときは、あらかじめ指定された参事又は主幹がその職務を代行する。

3 前2項の規定にかかわらず、重要又は異例に属する事項については、あらかじめ処理方針を指示されたもの又は特に急を要するもののほかは、代行することができない。

4 代行をした事項で重要なものについては、代行者において速やかに後閲の手続又は報告をしなければならない。

(平26公平委規則2・全改)

(事務長の専決)

第10条 事務長は、次に掲げる事項を専決することができる。

(1) 公文書の公開に関すること。

(2) 個人情報の開示等に関すること。

(3) 事務職員の事務分担の決定に関すること。

(4) 副事務長及び参事の旅行命令及びその復命に関すること。

(5) 副事務長及び参事の休日勤務の命令に関すること。

(6) 副事務長及び参事の事務引継に関すること。

(7) 重要な通知、報告、届出、照会、回答等に関すること。

(平26公平委規則2・全改)

(副事務長の専決)

第11条 副事務長は、次に掲げる事項を専決することができる。

(1) 公印の管理に関すること。

(2) 主幹、主査、主任及び主事の旅行命令及びその復命に関すること。

(3) 主幹、主査、主任及び主事の時間外勤務及び休日勤務の命令に関すること。

(4) 主幹、主査、主任及び主事の事務引継に関すること。

(5) 軽易な通知、報告、届出、照会、回答等に関すること。

(平26公平委規則2・追加)

(専決の制限)

第12条 専決者は、この規則に定める専決事項であっても次の各号のいずれかに該当する事項は、上司の決裁又は指示を受けなければならない。

(1) 異例であると認められるもの

(2) 先例となると認められるもの

(3) 紛議論争があるもの又は将来その原因となるおそれがあるもの

(平27公平委規則1・全改)

(代決)

第13条 専決者が不在の場合は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める者が代決することができる。

(1) 事務長の専決事項で、事務長が不在の場合 副事務長

(2) 副事務長の専決事項で、副事務長が不在の場合 参事(参事がいない場合又は参事も不在の場合は主幹)

(3) 前号の場合において、代決者が全て不在の場合 事務長

(平27公平委規則1・全改)

(代決の制限)

第14条 代決は、あらかじめ処理の方針を指示されたもの又は特に急を要するものに限り、行うことができる。

2 重要又は異例に属する事項については、専決者の上司の決裁を受けなければならない。

(平27公平委規則1・全改)

(後閲)

第15条 代決した事項は、代決者において直ちに後閲の手続又は報告をしなければならない。

(平27公平委規則1・追加)

(文書の記号及び番号)

第16条 施行する文書は、軽易な文書を除き、「佐市公平」の記号及び番号を付さなければならない。

2 前項に規定する番号は、会計年度ごとに文書管理システムで管理する文書番号とする。ただし、文書管理システムを利用せずに起案した事務の処理に係る文書については、文書管理システムで管理する番号と重複しない会計年度ごとの一連の番号を付すものとする。

3 第1項の規定にかかわらず、規則、告示、公告及び訓令には、それぞれ「佐賀市公平委員会規則」、「佐賀市公平委員会告示」、「佐賀市公平委員会公告」及び「佐賀市公平委員会訓令」の文字並びに毎年1月に起こす一連の番号を付し、法規簿に記載するものとする。

(平27公平委規則1・追加)

(事務の処理)

第17条 この規則に定めるもののほか、事務の処理については市長事務部局の例による。

(平26公平委規則2・旧第11条繰下、平27公平委規則1・旧第15条繰下)

(公印)

第18条 委員会、委員長及び委員長職務代理者の公印は、別表のとおりとする。

(平26公平委規則2・旧第12条繰下・一部改正、平27公平委規則1・旧第16条繰下)

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年3月27日公平委規則第2号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月30日公平委規則第1号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第18条関係)

(平26公平委規則2・平27公平委規則1・一部改正)

名称

寸法(ミリメートル)

使用する文書の区分

個数

佐賀市公平委員会之印

30

委員会名をもってなす公文書用

1

佐賀市公平委員会委員長之印

24

委員長名をもってなす公文書用

1

佐賀市公平委員会委員長職務代理者之印

24

委員長職務代理名をもってなす公文書

1

佐賀市公平委員会運営規則

平成19年4月1日 公平委員会規則第1号

(平成27年4月1日施行)