○佐賀市立東与賀文化ホール条例施行規則

平成19年9月28日

規則第47号

(趣旨)

第1条 この規則は、佐賀市立東与賀文化ホール条例(平成19年佐賀市条例第49号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則で使用する用語の意義は、条例の例による。

(開館時間)

第3条 佐賀市立東与賀文化ホール(以下「文化ホール」という。)の開館時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(休館日)

第4条 文化ホールの休館日は、12月29日から翌年1月3日までとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、臨時に開館し、又は休館することができる。

(使用許可の申請)

第5条 条例第3条第1項の規定により、文化ホールの使用許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、佐賀市立東与賀文化ホール使用許可申請書(様式第1号。以下「使用許可申請書」という。)を市長に提出しなければならない。

2 前項の使用許可申請書は、次の各号に掲げる施設の区分に応じ、当該各号に定める期間内に提出しなければならない。

(1) ホール 使用しようとする日(以下「使用日」という。)の1年前から10日前まで

(2) ミーティング室、控室及びホワイエ 使用日の1年前から使用当日まで

3 次の各号のいずれかに該当するときは、前項各号に規定する期間外においても使用許可申請書を提出することができる。

(1) 文化ホールが自主事業として使用するとき。

(2) その他市長が特に必要と認めるとき。

4 申請者の順位は、申請の順序とする。ただし、文化ホールの同一施設又は附属設備を同日の同時間に使用したい旨の申請が複数の申請者から同時に行われたときは、市長は、協議又は抽選により申請者の順位を決定する。

(平28規則56・一部改正)

(使用許可書の交付)

第6条 市長は、前条の使用許可申請書を受理し、適当と認めたときは、申請者の順位に従って、使用を許可し、佐賀市立東与賀文化ホール使用(変更)許可書(様式第2号。以下「使用許可書」という。)を申請者に交付する。

(申請の取消し等)

第7条 使用者は、使用許可の申請を取り消し、又は申請した事項を変更しようとするときは、直ちに佐賀市立東与賀文化ホール使用許可取消(変更)申請書(様式第3号)に使用許可書を添えて市長に提出し、その許可を受けなければならない。

(使用期間)

第8条 次の各号に掲げる文化ホールの施設は、当該各号に掲げる期間を超えて使用することができない。ただし、市長が必要と認めるときは、この限りでない。

(1) ホール 7日間

(2) ミーティング室 7日間

(3) ホワイエ 5日間

(4) 控室 5日間

(使用時間)

第9条 条例別表に定める使用時間帯には、準備、練習、後片付け等に要する時間を含むものとする。

(使用時間の延長)

第10条 使用者は、やむを得ない事由により、使用時間帯を超えて施設等を使用する必要があるときは、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 超過時間の使用料は、原則として、その許可を受けたときに納付しなければならない。

(附属設備の使用料)

第11条 条例別表備考8に規定する附属設備の使用料は、別表のとおりとする。

(平26規則16・追加)

(使用料の減免)

第12条 条例第7条第2項の規定による使用料(附属設備使用料を除く。)の減免は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定めるとおりとする。

(1) 国、県、市等の行政機関が使用する場合 免除又は減額

(2) 市内に所在する学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する学校が学校単位で幼児、児童生徒及び学生のための教育又は芸術文化行事を行うために使用する場合 免除

(3) 市内に所在する児童福祉法(昭和22年法律第164号)第39条に規定する保育所が幼児のための芸術文化行事を行うために使用する場合 免除

(4) 市内の社会教育関係団体又は福祉関係団体等が使用する場合(入場料等を徴収しない場合に限る。)で、市長が必要と認める場合 減額

(5) 市内の文化団体が発表会等を行うために使用する場合(入場料等を徴収しない場合に限る。)で、広く市民の芸術文化を育成するため、市長が必要と認める場合 免除又は減額

(6) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める場合 免除又は減額

2 使用料の減免を受けようとする者は、佐賀市立東与賀文化ホール使用料減免申請書(様式第4号)に必要書類を添えて、使用許可申請書の提出と同時に市長に提出しなければならない。

(平26規則16・旧第11条繰下)

(使用料の還付)

第13条 条例第7条第3項ただし書の規定による使用料の還付は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める額について行うものとする。

(1) 災害その他使用者の責めに帰することができない理由により使用できなくなった場合 全額

(2) 条例第6条第1項第3号の規定により市長が管理上支障があると認めて使用許可を取り消した場合 全額

(3) 使用者が、ホールにあっては使用日の10日前までに、ミーティング室、控室及びホワイエにあっては使用日の前日までに取消しを申し出た場合 全額

(4) 使用者が第7条の規定により使用の取消し又は変更について許可を受けた場合において、既納の使用料に過納金が生じた場合 過納金の額

2 前項の規定による使用料の還付を受けようとする者は、佐賀市立東与賀文化ホール使用料還付申請書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

(平26規則16・旧第12条繰下)

(使用者の遵守事項)

第14条 使用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 使用を許可されていない施設等を使用しないこと。

(2) 施設の収容定員を超えて入場させないこと。

(3) 入場者に条例第11条各号に規定する行為をさせないよう必要な措置をとること。

(4) 入場者の安全確保の措置を講ずること。

(5) 施設等を損傷し、汚損し、又は亡失したときは、直ちに職員に届け出ること。

(6) 使用に係る施設における秩序を保持するため、責任者を置き、必要に応じて整理員を置くこと。

(7) 使用の際は、使用許可書を携帯し、職員の要求があったときは、直ちに提示すること。

(8) 前各号に定めるもののほか、職員が管理上の必要に基づいて行う指示に従うこと。

(平26規則16・旧第13条繰下)

(入場者の遵守事項)

第15条 入場者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 所定の場所以外に立ち入らないこと。

(2) 施設を損傷し、又は汚損するおそれのある行為をしないこと。

(3) 騒音又は大声を発する等他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(4) 指定した場所以外で飲食し、喫煙し、又は火気を使用しないこと。

(5) 承認を受けないで広告類を掲示し、若しくは配布し、又は物品の販売若しくは展示その他これらに類する行為をしないこと。

(6) 前各号に掲げるもののほか、管理上支障があると認める行為をしないこと。

(平26規則16・旧第14条繰下)

(立入検査)

第16条 職員は、文化ホールの管理運営上必要があると認めるときは、使用中の施設に立ち入ることができる。この場合において、使用者はこれを拒否することはできない。

(平26規則16・旧第15条繰下)

(使用後の点検)

第17条 使用者は、その使用を終えたときは、直ちに職員の点検を受けなければならない。

(平26規則16・旧第16条繰下)

(準用)

第18条 第5条から第8条まで、第10条第12条及び第13条の規定は、指定管理者に文化ホールの管理を行わせる場合について準用する。この場合において、これらの規定中「市長」とあり、及び様式第1号から様式第5号までの様式中「佐賀市長」とあるのは、「指定管理者」と読み替えるものとする。

(平26規則16・旧第17条繰下・一部改正)

(補則)

第19条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

(平26規則16・旧第18条繰下)

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成19年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、編入前の東与賀町文化ホール設置条例施行規則(平成8年東与賀町教育委員会規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成26年3月19日規則第16号)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の佐賀市立東与賀文化ホール条例施行規則の規定は、この規則の施行の日以後に行う使用の許可に係る使用料について適用し、同日前に行う使用の許可に係る使用料については、なお従前の例による。

3 この規則の施行の際、現にある旧様式による帳票等は、当分の間所要の修正をして使用することができる。

附 則(平成28年3月31日規則第56号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第11条関係)

(平26規則16・追加)

附属設備使用料

分類

品目

単位

使用料

舞台設備

音響反射板

1式

2,720円

指揮台

1台

150円

指揮者用譜面台

1台

150円

演奏者用譜面台

1台

80円

平台

1台

80円

金屏風

1双

390円

めくり台

1台

80円

上敷

1枚

80円

緋毛せん

1枚

80円

長座布団

1枚

80円

紗幕

1枚

390円

照明設備

ボーダーライト(200ワット×54灯)

1列

390円

サスペンションライト

1列

640円

アッパーホリゾントライト(300ワット×56灯)

1列

390円

ロアホリゾントライト(200ワット×56灯)

1列

390円

シーリングスポットライト

1台

640円

センターピンスポットライト(2キロワット)

1台

1,290円

フロントサイドスポットライト

1列

250円

音響設備

ホール拡声装置

1式

1,940円

CDプレイヤー

1台

640円

カセットテープレコーダー

1台

640円

マイクロホン

1本

390円

ワイヤレスマイク

1本

390円

楽器

ピアノ(国産)

1台

2,720円

映写設備

映写幕

1式

640円

映写機(16ミリ)

1台

1,290円

スライド映写機

1台

640円

その他

持込み電気器具用コンセント

1口

150円

備考

1 附属設備の使用料は、午前9時から正午まで、午後1時から午後5時まで及び午後6時から午後10時までの時間区分ごとの使用料とする。ただし、附属設備を午前9時から午後5時まで、午後1時から午後10時まで又は午前9時から午後10時まで継続して使用する場合は、正午から午後1時まで及び午後5時から午後6時までの使用料は徴収しないものとする。

2 時間区分を延長し、又は繰り上げて使用する場合の1時間当たりの使用料の額は、この表による使用料の3割の額とする。

3 2の場合、当該時間又はその端数が1時間に満たないときは、これを1時間として計算し、計算した額に10円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てるものとする。

4 ピアノの使用料には、調律料は含まない。

(平26規則16・一部改正)

画像

画像

(平26規則16・一部改正)

画像

(平26規則16・一部改正)

画像

(平26規則16・一部改正)

画像

佐賀市立東与賀文化ホール条例施行規則

平成19年9月28日 規則第47号

(平成28年4月1日施行)