○佐賀市久保田農村高齢者交流施設条例施行規則

平成19年9月28日

規則第56号

(使用時間)

第2条 佐賀市久保田農村高齢者交流施設(以下「交流施設」という。)の使用時間は、午前9時から午後5時までとする。ただし、市長が特に必要と認めるときは、これを変更することができる。

(定休日)

第3条 交流施設の定休日は、次のとおりとする。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年1月3日までの日

2 前項の規定にかかわらず、市長は、交流施設の運営上特に必要と認めるときは、定休日を変更し、又は臨時に休むことができる。

(使用許可の申請)

第4条 条例第4条第1項の規定により、使用許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、使用しようとする日(以下「使用日」という。)の前日までに佐賀市久保田農村高齢者交流施設使用申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

(使用の許可)

第5条 市長は、前条の申請書を受理し、適当と認めたときは、使用を許可し、使用日の前日までに佐賀市久保田農村高齢者交流施設使用許可書(様式第2号)を申請者に交付しなければならない。

(使用料の減免)

第6条 条例第9条の規定により交流施設の使用料を減免する場合は、公用又は公益事業のため交流施設を使用する場合で、市長が相当の理由があると認めるときとする。

(使用料の還付)

第7条 条例第10条ただし書の規定により交流施設の使用料を還付する場合は、次のとおりとする。

(1) 使用者の責めによらない理由で使用することができないとき。

(2) 使用前に使用許可の取消し又は変更を申し出て、市長が相当の理由があると認めるとき。

(3) 条例第7条第1項第3号の規定により、使用を停止し、又は許可を取り消したとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認めるとき。

(使用者の遵守事項)

第8条 使用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 許可を受けていない施設及び設備を使用しないこと。

(2) 施設等を損傷し、又は汚損しないこと。

(3) 火災盗難の防止及び秩序の維持に協力すること。

(4) 許可なく寄附の募集、物品の販売等をしないこと。

(5) 使用した後は直ちに室内を整理整とんし、清潔の保持に努めること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、管理上必要な指示に反する行為をしないこと。

(補則)

第9条 この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成19年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、編入前の久保田町総合センターの管理に関する規則(昭和57年久保田町規則第9号)(交流施設に係る部分に限る。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

佐賀市久保田農村高齢者交流施設条例施行規則

平成19年9月28日 規則第56号

(平成19年10月1日施行)