○佐賀市市川活性化施設条例施行規則

平成19年9月28日

規則第146号

(趣旨)

第1条 この規則は、佐賀市市川活性化施設条例(平成19年佐賀市条例第31号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用時間)

第2条 佐賀市市川活性化施設(以下「活性化施設」という。)の使用時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、市長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(休館日)

第3条 活性化施設の休館日は、12月29日から翌年の1月3日までの日とする。ただし、市長が必要と認めるときは、臨時に開館し、又は休館することができる。

(使用許可の申請)

第4条 条例第3条第1項の規定により、活性化施設の使用の許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、活性化施設使用許可申請書(以下「申請書」という。)を市長に提出しなければならない。

(使用許可書の交付)

第5条 市長は、申請書を受理し、適当と認めたときは、使用を許可し、活性化施設使用許可書(以下「許可書」という。)を申請者に交付するものとする。

(使用の取消し及び変更)

第6条 使用の許可を受けた者は、その使用を取り消し、又は許可を受けた事項を変更しようとするときは、あらかじめ活性化施設使用許可取消し・変更申請書に許可書を添えて市長に提出し、市長の許可を受けなければならない。

(使用料の免除)

第7条 条例第8条第1項の規定による使用料の減免は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める額について行うものとする。

(1) 市が行う会議、集会又は事業のために使用するとき 全額

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認めるとき 市長が認める額

2 使用料の全部又は一部の免除を受けようとする者は、活性化施設使用料減免申請書に必要書類を添えて、申請書の提出と同時に市長に提出しなければならない。

(使用料の還付)

第8条 条例第8条第2項ただし書の規定による使用料の還付は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める額について行うものとする。

(1) 災害その他使用者の責めに帰することができない理由により使用できなくなったとき 全額

(2) 条例第6条第1項第3号の規定により使用の許可を取り消したとき 全額

(3) 第6条の規定により使用の取消し又は変更が許可された場合において、当該許可に係る既納の使用料に過納金が生じたとき 当該過納金の額

2 使用料の還付を受けようとする者は、活性化施設使用料還付申請書を市長に提出しなければならない。

(使用者の遵守事項)

第9条 活性化施設の使用者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 他の使用者に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(2) 危険物を持ち込まないこと。

(3) 許可なく火気を使用しないこと。

(4) 施設、設備等の使用を終了したときは、これを元の状態に回復し、又は所定の場所へ返還すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、職員の指示に従うこと。

(準用)

第10条 第4条から第6条まで、第7条第1項及び第8条第1項の規定は、指定管理者に活性化施設の管理を行わせる場合について準用する。この場合において、これらの規定中「市長」とあるのは、「指定管理者」と読み替えるものとする。

(補則)

第11条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成19年10月1日から施行する。

佐賀市市川活性化施設条例施行規則

平成19年9月28日 規則第146号

(平成19年10月1日施行)