○佐賀市立幼稚園預かり保育事業実施規則

平成23年3月28日

規則第14号

(趣旨)

第1条 この規則は、佐賀市立幼稚園において教育課程に係る教育時間の終了後に児童福祉法(昭和22年法律第164号)第21条の9に規定する子育て支援事業として実施する保育(以下「預かり保育」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(実施する幼稚園)

第2条 預かり保育を実施する幼稚園は、佐賀市立本庄幼稚園(以下「実施園」という。)とする。

(利用形態)

第3条 預かり保育の形態は、次に掲げるとおりとする。

(1) 常時利用 1年単位又は1月単位で利用すること。

(2) 一時利用 1日単位で利用すること。

(対象者)

第4条 預かり保育を利用できる者は、実施園に在園する幼児のうち、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 保護者が就労し、又は就学する者

(2) 保護者又は同居の親族の通院、介護又は看護により保育が必要となった者

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認める者

(休業日)

第5条 預かり保育の休業日は、次のとおりとする。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日まで

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が指定する日

(実施する時間)

第6条 預かり保育を実施する時間は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定めるとおりとする。

(1) 月曜日から金曜日まで(佐賀市立幼稚園の管理運営に関する規則(平成21年佐賀市教育委員会規則第8号)に定める春季休業日、夏季休業日、冬季休業日及び学年末休業日(以下「長期休業日」という。)並びに前条に掲げる休業日を除く。) 幼稚園における教育課程に係る教育時間の終了後から午後6時まで

(2) 長期休業日(前条に掲げる休業日を除く。) 午前8時30分から午後6時まで

(利用の申込み及び承諾)

第7条 預かり保育を利用しようとする者(以下「利用者」という。)は、預かり保育申込書(様式第1号)に必要書類を添えて、利用しようとする日の前日までに市長に提出しなければならない。ただし、緊急を要する場合は、この限りでない。

2 市長は、前項の規定により申込書が提出された場合は、その内容を審査し、適当と認めたときは、預かり保育承諾決定通知書(様式第2号)により利用者に通知するものとする。

(利用の辞退)

第8条 利用者は、預かり保育の利用を辞退しようとするときは、預かり保育利用辞退届(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(利用の取消し)

第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、預かり保育の利用の承諾を取り消すことができる。

(1) 預かり保育を利用する幼児(以下「利用幼児」という。)が実施園を退園したとき。

(2) 利用幼児が、第4条に該当しなくなったとき。

(3) 利用者が、正当な理由がなく次条に規定する利用料を納めないとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認めたとき。

(利用料)

第10条 市長は、利用者から、利用幼児1人につき1日当たり300円(長期休業日にあっては、1日当たり500円)を利用料として徴収する。

2 前項の規定にかかわらず、世帯に利用幼児が2人以上属する場合において、利用幼児のうち年長の者から2人目の利用幼児に係る利用料の額は、同項に規定する額の2分の1の額とし、利用幼児のうち年長の者から3人目以後の利用幼児に係る利用料の額は、0円とする。

3 利用者は、当月分の利用料を翌月の25日までに納付しなければならない。

(補則)

第11条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

佐賀市立幼稚園預かり保育事業実施規則

平成23年3月28日 規則第14号

(平成23年4月1日施行)