○佐賀市歴史的文書の選別及び保存に関する規程

平成23年2月24日

訓令第4号

(趣旨)

第1条 この訓令は、佐賀市文書規程(平成27年佐賀市訓令第2号。以下「文書規程」という。)第34条第2項の規定に基づき、歴史的文書の選別及び保存に関し必要な事項を定めるものとする。

(平27訓令2・一部改正)

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 文書 文書規程第2条第1号に規定する文書をいう。

(2) 歴史的文書 次条に掲げる基準に基づき、歴史的又は文化的資料として価値を有すると認められた文書をいう。

(3) 文書管理システム 文書規程第2条第2号に規定する情報処理システムをいう。

(平27訓令2・平28訓令1・一部改正)

(選別の基準)

第3条 歴史的文書として選別される文書は、次に掲げる基準のいずれかに該当するものとする。

(1) 市民生活の推移が歴史的に跡付けられる文書であって、次に掲げるもの

 その時代の世相、世論等が象徴的又は特徴的に表れている文書

 市民生活に影響が生じた犯罪、事故等の事件に関する文書

 市民活動又は市民の動きを反映している文書

 市民生活における健康、安全、衛生、福祉等に関する文書

 災害及び災害対策活動に関する文書

 生活、自然等の環境について顕著な変化の内容を明示する文書

 公共性の高い事業に関する文書

 画期的又は独自な活動、建造物等に関する文書

 史跡、寺社、伝統的な行事が行われる場所その他由緒ある土地、建造物等に関する文書

 その他市内で起き、又は市に関わりのあった政治的、経済的又は社会的に重要な儀式、行事、事件等に関する文書

(2) 市政の推移が歴史的に跡付けられる文書であって、次に掲げるもの

 顕著な行政効果をもたらした市事業の実施に関する文書

 市民の関心を呼んだ市事業の実施に関する文書

 市政の基本方針、総合的な計画その他特に重要な事業計画の策定及び立案に関する文書

 多額の事業費を要した市事業の実施に関する文書

 市政の管理運営上重要な文書

2 総務法制課長は、前項に規定する歴史的文書の選別を適正に行うため、次に掲げる文書区分により細目基準を別に定めるものとする。

(1) 条例、規則、訓令、告示等の例規に関する文書

(2) 市の各種制度並びに行政組織の新設及び改廃に関する文書

(3) 市の廃置分合等に関する文書

(4) 選挙に関する文書

(5) 事務引継書

(6) 議会、各種委員会、審議会、主要会議等の審議経過及び結果に関する文書

(7) 諮問及び答申に関する文書

(8) 調査、統計及び研究に関する文書

(9) 予算、決算及び収支等財政状況に関する文書

(10) 市有財産の取得、管理及び処分に関する文書

(11) 許認可、承認等に関する文書

(12) 監査に関する文書

(13) 各種委員の人事に関する文書

(14) 叙位及び叙勲に関する文書

(15) 争訟(訴訟、不服申立て等をいう。)に関する文書

(16) 陳情、請願、要望等に関する文書

(17) 市の総合計画に関する文書

(18) 公共施設の建築等に関する文書

(19) 重要な施策の実施に関する文書

(20) 市内の史跡、文化財等に関する文書

(21) 姉妹都市、友好都市等に関する文書

(22) 儀式、行事その他事件に関する文書

(23) その他前項第1号又は第2号に該当する文書

(平28訓令5・一部改正)

(歴史的文書の選別)

第4条 文書規程第33条の規定により廃棄の対象となった簿冊を主管していた課長は、当該簿冊に含まれる文書について、前条に掲げる基準(以下「選別基準」という。)に基づき選別を行い、選別した文書を総務法制課長に引き渡さなければならない。

2 総務法制課長は、前項の規定により引渡しを受けた文書について、その内容を確認し、選別基準に基づき再度選別し、歴史的文書として確定しなければならない。

(平27訓令2・一部改正)

(歴史的文書以外の文書の廃棄)

第5条 総務法制課長は、前条第2項の規定による選別の結果、歴史的文書と認められなかったものについては、速やかに廃棄しなければならない。

2 総務法制課長は、前項の規定による廃棄をするときは、機密に属するもの又は印影その他悪用のおそれがあると認めるもの(文書管理システムで処理されているものを除く。)は、その部分を焼却し、又は裁断する等適切な処理をしなければならない。

(平27訓令2・一部改正)

(保存等)

第6条 総務法制課長は、第4条第2項の規定により確定した歴史的文書を整理分類し、適正に保存をしなければならない。

2 前項の規定により保存をしている歴史的文書の閲覧又は利用については、市長が別に定めるところによる。

(補則)

第7条 この訓令に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月25日訓令第2号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月23日訓令第1号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日訓令第5号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

佐賀市歴史的文書の選別及び保存に関する規程

平成23年2月24日 訓令第4号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第4編 行政一般/第2章 文書・公印
沿革情報
平成23年2月24日 訓令第4号
平成27年3月25日 訓令第2号
平成28年3月23日 訓令第1号
平成28年3月31日 訓令第5号