○佐賀市上下水道局排水設備指定工事店等審査委員会規程

平成24年4月1日

上下水道事業管理規程第38号

(趣旨)

第1条 この規程は、佐賀市上下水道局排水設備指定工事店規程(平成24年佐賀市上下水道事業管理規程第37号。以下「工事店規程」という。)第22条第2項の規定に基づき、佐賀市上下水道局排水設備指定工事店等審査委員会(以下「委員会」という。)の組織その他必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 委員会は、委員長及び委員をもって組織する。

2 委員長及び委員は、上下水道事業管理者(以下「管理者」という。)がこれを任命する。

(所掌事務)

第3条 委員会は、次に定める事項について審査する。

(1) 工事店規程第4条に規定する排水設備指定工事店の指定に関すること。

(2) 工事店規程第5条に規定する排水設備指定工事店の継続指定に関すること。

(3) 工事店規程第12条第2項に規定する排水設備指定工事店の指定の取消し等に関すること。

(4) 工事店規程第21条に規定する責任技術者の登録の効力の停止等に関すること。

(運営)

第4条 委員長は、委員会を総理する。

2 委員長が不在のときは、委員長があらかじめ指定した委員がその職務を代行する。

(審議)

第5条 委員会は、委員長が必要の都度招集する。

2 委員会は、委員の半数以上が出席しなければ開くことができない。

3 委員会の決定は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

4 委員長は、必要がある場合は、委員会に委員以外の者の出席を求め、意見を聴くことができる。

(秘密の保持)

第6条 委員会の審議は、公開しない。

2 何人も委員会の審議内容を漏らしてはならない。

(庶務)

第7条 委員会に書記若干人を置く。

2 書記は、委員長の命を受けて庶務に従事する。

(補則)

第8条 この規程に定めるもののほか委員会の運営に関し必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

この規程は、平成24年4月1日から施行する。

佐賀市上下水道局排水設備指定工事店等審査委員会規程

平成24年4月1日 上下水道事業管理規程第38号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第14編 公営企業/第3章 上下水道
沿革情報
平成24年4月1日 上下水道事業管理規程第38号