○佐賀市産業支援プラザ条例施行規則

平成26年3月19日

規則第14号

(趣旨)

第1条 この規則は、佐賀市産業支援プラザ条例(平成25年佐賀市条例第27号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(開館時間)

第2条 佐賀市産業支援プラザ(以下「プラザ」という。)の開館時間は、午前9時から午後5時までとする。ただし、市長が特に必要と認めるときは、これを変更することができる。

(休館日)

第3条 プラザの休館日は、次のとおりとする。ただし、市長が特に必要と認めるときは、臨時に開館し、又は休館することができる。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年1月3日までの日

(インキュベートルームの使用時間)

第4条 前2条の規定にかかわらず、プラザのインキュベートルームについては、条例第4条第1項の規定により許可を受けた期間(同条第5項の規定により更新された期間を含む。)中、終日使用することができる。ただし、市長が特に必要と認めるときは、臨時にその使用時間を制限することができる。

(使用許可の申請)

第5条 条例第4条第1項の規定によりプラザのインキュベートルームの使用の許可を受けようとするもの(以下「申請者」という。)は、佐賀市産業支援プラザインキュベートルーム使用許可申請書(様式第1号。以下「使用許可申請書」という。)を市長に提出しなければならない。

2 使用許可申請書には、次に掲げる書類を添付しなければならない。

(1) 住民票の写し又は法人登記簿謄本

(2) 事業計画書

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

(申請者の資格に係る業種)

第6条 条例第4条第3項に規定する規則で定める業種は、次の各号のいずれかの事業分野に関する業種とする。

(1) 情報通信関連分野

(2) 企業活動支援関連分野

(3) 環境関連分野

(4) 医療・福祉関連分野

(5) 生活文化関連分野

(6) 国際化関連分野

(7) 人材関連分野

(8) 新製造技術関連分野

(9) 流通・物流関連分野

(10) 住宅関連分野

(11) 都市環境整備関連分野

(12) 生物工学(バイオテクノロジー)関連分野

(13) 海洋関連分野

(14) 航空・宇宙関連分野

(15) エネルギー開発・エネルギー使用合理化関連分野

(使用許可書の交付)

第7条 市長は、使用許可申請書を受理し、適当と認めたときは、使用を許可し、佐賀市産業支援プラザインキュベートルーム使用許可書(様式第2号。以下「使用許可書」という。)を申請者に交付するものとする。

(使用許可の期間の更新)

第8条 条例第4条第5項の規定により使用許可の期間の更新を受けようとするものは、当該期間が満了する1月前までに、使用許可申請書を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の使用許可申請書の提出があった場合は、速やかに更新を必要とする事由を審査し、更新を相当と認めるときは、使用許可書を交付するものとする。

(使用料の納入)

第9条 条例第8条第3項の規定による使用料の納入は、月額での支払とし、その期限は、使用の許可を受けたもの(以下「使用者」という。)が使用する月の前月の末日までとする。ただし、使用許可を受けた日の属する月の使用料の納入期限は、当該使用許可を受けた日の属する月の末日までとする。

(使用料の還付)

第10条 条例第8条第4項ただし書の規定による使用料の還付は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める額について行うものとする。

(1) 災害その他使用者の責めに帰することができない理由により使用できなくなったとき 全額

(2) 条例第7条第1項第3号の規定により、市長がプラザの管理運営上支障があると認めて使用許可を取り消したとき 市長が認める額

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が相当の理由があると認めたとき 市長が認める額

2 条例第8条第4項ただし書の規定により使用料の全部又は一部の還付を受けようとするものは、佐賀市産業支援プラザインキュベートルーム使用料還付申請書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(使用者の遵守事項)

第11条 使用者は、職員の管理運営上必要な指示に従わなければならない。

(使用後の点検)

第12条 使用者は、その使用を終わったときは、直ちに職員の点検を受けなければならない。

(補則)

第13条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

佐賀市産業支援プラザ条例施行規則

平成26年3月19日 規則第14号

(平成26年4月1日施行)