○佐賀市計量法施行細則

平成26年3月19日

規則第13号

(趣旨)

第1条 この規則は、計量法(平成4年法律第51号。以下「法」という。)、計量法施行令(平成5年政令第329号)、計量法施行規則(平成5年通商産業省令第69号)、特定計量器検定検査規則(平成5年通商産業省令第70号。以下「省令」という。)及び佐賀市手数料条例(平成17年佐賀市条例第60号)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(定期検査の公示)

第2条 法第21条第2項の規定による公示は、インターネットを利用して閲覧に供する方法により行うものとする。

(所在場所定期検査の通知)

第3条 市長(法第20条第1項に規定する指定定期検査機関(以下「指定定期検査機関」という。)が法第19条第1項の規定による特定計量器の定期検査(以下「定期検査」という。)を行う場合にあっては、指定定期検査機関)は、省令第39条第1項の規定により特定計量器の所在の場所で定期検査を実施することとしたときは、当該定期検査を行う日の5日前までに、その実施の期日を当該定期検査を受ける者に通知しなければならない。

(所在場所定期検査の実費負担)

第4条 省令第39条第1項の規定により特定計量器の所在の場所で定期検査を受ける者は、当該定期検査に係る検査用具の運搬等に要する経費の実費を負担しなければならない。

(実施期日外定期検査の通知)

第5条 市長(指定定期検査機関が定期検査を行う場合にあっては、指定定期検査機関)は、法21条第3項の規定により定期検査を行う期日及び場所を指定したときは、当該期日及び場所を同項の規定により届け出た者に通知しなければならない。

(準用)

第6条 省令第39条第2項及び第40条の規定は、指定定期検査機関が定期検査を行う場合について準用する。この場合において、これらの規定中「都道府県知事又は特定市町村の長」とあるのは、「指定定期検査機関」と読み替えるものとする。

附 則

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

佐賀市計量法施行細則

平成26年3月19日 規則第13号

(平成26年4月1日施行)