○志摩市放課後児童クラブ条例

平成17年3月23日

条例第17号

(目的)

第1条 この条例は、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第34条の8に規定する放課後児童健全育成事業を実施するため、志摩市放課後児童クラブ(以下「児童クラブ」という。)の運営に関し必要な事項を定め、児童の健全な育成を図ることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 児童クラブの名称及び位置は、別表のとおりとする。

(支援員)

第3条 市長は、第1条の目的を達成するために、放課後児童支援員(以下「支援員」という。)を配置する。

(対象児童)

第4条 児童クラブの対象となる児童は、保護者が就労、疾病等により昼間家庭にいないことが常態である市内小学校に就学する児童で、市内に住所を有する者とする。ただし、市長が必要と認めるときは、この限りでない。

2 前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当するときは、市長は利用を許可しないことができる。

(1) 感染症疾患を有する児童

(2) 身体が虚弱で集団生活に耐えることができない児童

(3) 前2号に掲げるもののほか、運営上支障を及ぼすと認められる児童

(利用負担金)

第5条 児童の保護者は、利用負担金を納めなければならない。

2 利用負担金の額及び納付方法は、市長が別に定める。

(利用負担金の減免)

第6条 市長は、特別の事情があると認めたときは、利用負担金を減額し、又は免除することができる。

(事業の委託)

第7条 市長は、適切な事業が実施できると認められる団体に事業を委託することができる。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

この条例は、公布の日から施行する。

(平成17年9月28日条例第55号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成18年3月29日条例第20号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

(平成19年3月29日条例第14号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

(平成24年3月31日条例第27号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

(平成25年3月29日条例第20号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

(平成26年6月30日条例第26号)

この条例は、平成26年10月1日から施行する。

(平成26年12月19日条例第42号)

この条例は、子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成24年法律第67号)の施行の日から施行する。

(平成29年12月25日条例第41号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

(令和元年12月24日条例第24号)

この条例は、令和2年4月1日から施行する。

(令和2年3月30日条例第13号)

この条例中第1条の規定は令和2年4月1日から、第2条の規定は令和3年4月1日から施行する。

(令和3年6月1日条例第27号)

この条例は、令和3年7月1日から施行する。

(令和4年9月30日条例第22号)

この条例は、令和4年10月1日から施行する。

別表(第2条関係)

名称

位置

浜島放課後児童クラブ

志摩市浜島町浜島1112番地

磯部放課後児童クラブ

志摩市磯部町迫間13番地1

大王放課後児童クラブ

志摩市大王町波切877番地3

志摩放課後児童クラブ

志摩市志摩町和具314番地1

鵜方放課後児童クラブ

志摩市阿児町鵜方1404番地3

神明放課後児童クラブ

志摩市阿児町神明346番地4

東海放課後児童クラブ

志摩市阿児町甲賀1518番地

志摩市放課後児童クラブ条例

平成17年3月23日 条例第17号

(令和4年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉
沿革情報
平成17年3月23日 条例第17号
平成17年9月28日 条例第55号
平成18年3月29日 条例第20号
平成19年3月29日 条例第14号
平成24年3月31日 条例第27号
平成25年3月29日 条例第20号
平成26年6月30日 条例第26号
平成26年12月19日 条例第42号
平成29年12月25日 条例第41号
令和元年12月24日 条例第24号
令和2年3月30日 条例第13号
令和3年6月1日 条例第27号
令和4年9月30日 条例第22号