○滝沢市表彰規程

昭和61年11月10日

訓令第5号

注 平成27年3月から改正経過を注記した。

(目的)

第1条 この訓令は、別に定めがあるもののほか、滝沢市において公共の福祉増進につくし、功績が顕著であり、又は市民の意識高揚に努め他の模範とするに足ると認められる者を市長が表彰することを目的とする。

(表彰対象者)

第2条 表彰は、次の各号に定める対象者について行うものとする。

(1) 市の事務又は事業に尽力し、その功績が顕著な者

(2) 市の公益のため金品を寄付した者

(3) 市民の範となる善行をした者

(4) スポーツ、文化、産業等の分野において、市の栄誉を著しく高めた者

(選考の手続)

第3条 被表彰者の選考は、被表彰内容にもっとも関係のある課長(以下「担当課長」という。)が市長に諮り、市長が決定する。

(表彰の時期)

第4条 表彰は、必要に応じ、その都度これを行う。

(方法)

第5条 表彰は、賞状又は感謝状を授与し、その功績に応じ、記念品をあわせて授与することができる。

2 前項の場合、表彰を受ける者が死亡したときは、賞状及び記念品を遺族に贈ることができる。

3 被表彰者の氏名又は団体名及び功績は、市広報紙をもって公表する。

(取消)

第6条 表彰を受けようとする者が、表彰決定から表彰までの間に受賞者たるの体面をそこなう失行があったときは、表彰決定を取り消すことができる。

(表彰者の功績等)

第7条 被表彰者の功績等必要な事項は、表彰録(別記様式)により担当課長が作成し企画政策課に提出するものとする。

2 企画政策課は、表彰録をとりまとめて永久保存するものとする。

(平27訓令8・一部改正)

(補則)

第8条 この訓令に定めるもののほか、表彰の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年3月29日訓令第13号)

この訓令は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成16年11月11日訓令第35号)

(施行期日)

1 この訓令は、令達の日から施行する。

(経過措置)

2 現に改正前の訓令の規定によりされた処分、手続その他の行為は、この訓令による改正後の訓令の規定によりされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成22年3月29日訓令第8号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日訓令第29号抄)

(施行期日)

1 この訓令は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成27年3月30日訓令第8号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

(滝沢市重点政策推進本部設置規程の廃止)

2 滝沢市重点政策推進本部設置規程(平成22年滝沢村訓令第14号)は、廃止する。

(滝沢市重点政策推進プロジェクトチーム設置規程の廃止)

3 滝沢市重点政策推進プロジェクトチーム設置規程(平成22年滝沢村訓令第15号)は、廃止する。

画像

滝沢市表彰規程

昭和61年11月10日 訓令第5号

(平成27年4月1日施行)