○滝沢市議会議会サポーター設置要綱

平成26年4月24日

議会告示第3号

(趣旨)

第1条 この告示は、滝沢市議会基本条例(平成25年滝沢村条例第41号。以下「議会基本条例」という。)第23条第1項の規定により設置する議会サポーター(以下「サポーター」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(資格)

第2条 サポーターは、原則として年齢満18歳以上の市民で、次の各号に定める要件をすべて満たす者とする。

(1) 国及び地方公共団体の議会の議員でないこと。

(2) 常勤の国家公務員及び地方公務員でないこと。

(3) 市の各種行政委員会の委員でないこと。

(4) 市議会のしくみ及び運営に関心があること。

(5) 市政及び地域社会の発展に関心があること。

(職務)

第3条 サポーターは、次の各号のいずれかの職務を行うものとする。

(1) 議会運営に係る事務又は業務の支援に関すること。

(2) 広聴広報活動に係る事務又は業務の支援に関すること。

(3) その他議長が必要と認めたこと。

(情報と学習機会の提供)

第4条 議長は、サポーターに必要な情報及び学習の機会を提供するよう努めるものとする。

2 前項に定めるほか、議長は、サポーターの活動を市民参加の一つとしてとらえ、その活動のための必要な支援に努めるものとする。

(募集方法)

第5条 議長は、サポーター候補者を随時公募するものとする。

2 前項の規定に定めるほか、議長は、個人に対し依頼し、又は適当と認めた団体等に対し、適任者の推薦を依頼することができる。

(サポーター候補者登録)

第6条 サポーター候補者として登録を希望する者は、別記様式によりサポーター候補者として登録申請をするものとする。

2 議長は、前項の登録申請があったとき又は前条第2項に定める適任者の推薦があったときは、当該登録申請者又は被推薦者の資格等を確認し、サポーター候補者登録を行うものとする。

3 サポーター候補者登録の期間は、2年とし、登録更新を行うものとする。

(委嘱)

第7条 議長は、必要に応じてサポーター候補者登録をしている者の中からサポーターを委嘱するものとする。

2 委嘱期間は、事務又は業務の内容に応じて決定し、最長2年以内とする。ただし、再任を妨げない。

(解嘱及び登録抹消)

第8条 サポーターが次の各号のいずれかに該当するときは、議長は当該サポーターを解嘱し、又はサポーター候補者登録を抹消するものとする。

(1) 第2条に規定する資格を失ったとき。

(2) 第3条に規定する職務が遂行できなくなったとき。

(3) サポーター又はサポーター候補者から辞職又は登録抹消の申し出があったとき。

(4) その他議長が辞職又は登録抹消する必要があると認めたとき。

(会議)

第9条 議長は、サポーターと連絡調整及び意見交換を図るため、必要に応じてサポーター会議を開催するものとする。

(謝礼)

第10条 サポーターは、無償とする。ただし、議長が必要と認めたときは、費用の弁償として旅費を支給することができる。

(庶務)

第11条 サポーターに関する庶務は、議会運営委員会において処理する。

(補則)

第12条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、議長が全員協議会に諮って定めるものとする。

附 則

この告示は、平成26年4月24日から施行する。

画像

滝沢市議会議会サポーター設置要綱

平成26年4月24日 議会告示第3号

(平成26年4月24日施行)