○滝沢市職員表彰規則

昭和51年11月30日

規則第9号

注 平成27年3月から改正経過を注記した。

(目的)

第1条 この規則は、滝沢市の職員(以下「職員」という。)に市民全体の奉仕者であることの責任と自覚をうながし市政の向上を図るため、信賞必罰の理念に基づき、他の職員の模範とするに値する功績又は業績のあった職員を市長が表彰することを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において「職員」とは、一般職の職員をいう。

(表彰の区分及び事項)

第3条 表彰は、次の各号のいずれかに該当すると認める者に対し、それぞれの区分により行う。

(1) 特別功労者表彰

 災害を未然に防止し、又は自己の危難を顧みないでその職務を遂行した者

 有益な研究、工夫、考案等により業務の処理について改善し、又は抜群の努力をして多大の業務の推進を図り、他の模範とするにたる行為のあった者

 及びに掲げるもののほか、特に他の職員の模範となる行為を行った者

(2) 徳行者表彰

 市政又は市職員の名誉を著しく高めた行為があった者

 徳望篤くかつその行が他の模範とするにたる者

(3) 勤続功労者表彰

 職員として毎年3月末日において勤続20年及び30年の区分のいずれかに達し功労のあった者

(表彰の方法)

第4条 表彰は、表彰状を授与し、賞品、賞金又は記念品を併せて授与することができる。

2 前項の場合において、昇格、昇給その他表彰にふさわしい顕彰の方法を併せて行うことができる。

(表彰及び内申の時期)

第5条 表彰の内申は、市長部局にあっては副市長が、議会事務局、教育委員会事務局、農業委員会事務局、監査委員事務局及び上下水道部にあっては任命権者が、意見を付し、必要書類を添えて必要の都度市長に内申するものとする。ただし、第3条第3号に掲げる表彰の内申は、総務課で行うものとする。

2 表彰は、必要の都度行う。ただし、第3条第3号に掲げる表彰は、条件を満了した次の年度に行うものとする。

(平27規則15・一部改正)

(選考)

第6条 第3条第1号及び第2号に掲げる表彰を受ける者は、滝沢市長部局行政組織規則(平成26年滝沢市規則第11号)第27条に規定する庁議に諮って市長が決定する。

2 第3条第3号に掲げる表彰を受ける者は、市長が選考し決定するものとする。

(死亡の場合の措置)

第7条 表彰を受ける者が死亡したときは、表彰状その他を遺族に贈ることができる。

(顕彰記録)

第8条 被表彰者の功績又は行績を顕彰するため、表彰区分、内容その他必要な事項を明かにしておかなければならない。

(補則)

第9条 この規則に定めるもののほか、職員の表彰に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年3月27日規則第13号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成16年12月15日規則第45号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 現に改正前の規則の規定によりされた処分、手続その他の行為は、なお従前の例による。

附 則(平成19年3月26日規則第4号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月24日規則第4号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月27日規則第22号)

この規則は、平成24年3月27日から施行する。

附 則(平成25年12月13日規則第45号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日規則第46号)

この規則は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成26年1月1日規則第12号)

この規則は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成27年3月30日規則第15号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

滝沢市職員表彰規則

昭和51年11月30日 規則第9号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第6章 研修・能率
沿革情報
昭和51年11月30日 規則第9号
平成14年3月27日 規則第13号
平成16年12月15日 規則第45号
平成19年3月26日 規則第4号
平成22年3月24日 規則第4号
平成24年3月27日 規則第22号
平成25年12月13日 規則第45号
平成25年12月13日 規則第46号
平成26年1月1日 規則第12号
平成27年3月30日 規則第15号