○滝沢市一般職の職員の特殊勤務手当に関する規則

平成13年3月26日

規則第7号

(趣旨)

第1条 この規則は、滝沢市一般職の職員の特殊勤務手当に関する条例(昭和56年滝沢村条例第6号。以下「条例」という。)第8条の規定に基づき、一般職の職員の特殊勤務手当に関し必要な事項を定めるものとする。

(徴収手当)

第2条 条例第3条第1項に規定する市税の徴収に関する事務は、旅行を伴う事務で次のいずれかに該当するものとする。

(1) 滞納処分に係る滞納者の財産の調査(国税徴収法(昭和34年法律第147号)第142条の規定による捜索を含む。)

(2) 動産、有価証券、債権、不動産、無体財産等の差押処分

(3) 差押財産の搬出

2 条例第3条第2項に規定する徴収手当の額は、業務1日につき500円とし、1か月につき3,500円を上限額とする。

(行旅死病人措置手当)

第3条 条例第4条第2項に規定する行旅死病人措置手当の額は、作業1件につき1,700円とする。

(社会福祉業務手当)

第4条 条例第5条第1項に規定する業務は、福祉事務所に勤務し、社会福祉法(昭和26年法律第45号)第15条第1項第1号に規定する指導監督を行う所員及び同項第2号に規定する現業を行う所員が庁舎外で行う業務で、次のいずれかに該当するものとする。

(1) 福祉事務所が所管する業務に係る要保護者に対する面接、調査、生活指導等に関するもの

(2) 福祉事務所が所管する業務に係る障がい者、高齢者、児童等の援護等に関するもの

2 条例第5条第2項に規定する社会福祉業務手当の額は、業務1日につき500円とし、1か月につき3,500円を上限額とする。

(防疫作業手当)

第5条 条例第6条第2項に規定する防疫作業手当の額は、作業1件につき1,500円とする。

(用地交渉手当)

第6条 条例第7条第2項に規定する用地交渉手当の額は、用地交渉、補償交渉等の業務に従事した場合で、業務1件につき520円とする。ただし次に掲げるものを除く。

(1) 交渉を伴わない用地立会い

(2) 説明会又はそれに類するもの

(3) 官公庁との交渉又は打合せ

(4) 工事等に伴う現場立会い

(勤務記録簿)

第7条 次の各号に掲げる手当の対象となる特殊勤務に従事したときは、当該各号に定める帳簿を備え、必要事項を記入し、決裁を受け保管しなければならない。

(1) 第2条の手当 徴収勤務記録簿(様式第1号)

(2) 第3条の手当 行旅死病人措置勤務記録簿(様式第2号)

(3) 第4条第2項の手当 社会福祉業務勤務記録簿(様式第3号)

(4) 第5条の手当 防疫作業勤務記録簿(様式第4号)

(5) 第6条の手当 用地交渉勤務記録簿(様式第5号)

(支給方法)

第8条 特殊勤務手当は、特殊勤務に従事した実績に基づき翌月の給料支給日に支給する。

(補則)

第9条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年3月29日規則第17号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月22日規則第10号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成23年4月1日規則第20号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日規則第41号)

この規則は、平成26年1月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

滝沢市一般職の職員の特殊勤務手当に関する規則

平成13年3月26日 規則第7号

(平成26年1月1日施行)