○市長交際費の公表に関する要綱

平成13年12月12日

告示第192号

注 平成27年3月から改正経過を注記した。

(趣旨)

第1条 この告示は、市長の交際費の支出に係る情報の公表(以下「市長交際費の公表」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(公表する内容)

第2条 市長交際費の公表は、次に掲げる事項について行うものとする。

(1) 支出区分

(2) 支出日

(3) 支出金額

(4) 支出先(原則として相手先個人名を除く。)

(平28告示39・一部改正)

(支出区分)

第3条 前条第1号に規定する支出区分は、支出の内容により、次のとおり分類する。

(1) 会費

(2) お祝い

(3) 弔費

(4) 激励金

(5) その他

(平28告示39・一部改正)

(支出基準)

第4条 前条に規定する支出区分に対応する一般的な支出金額の基準は、別表のとおりとする。

(公表の時期)

第5条 市長交際費の公表は、毎月行うものとし、当月分を翌月の15日までに行うものとする。

(公表の方法)

第6条 市長交際費の公表は、その内容を滝沢市ホームページに掲載するとともに、企画政策課において縦覧に供することにより行うものとする。

(平27告示58・一部改正)

(補則)

第7条 この告示に定めるもののほか、市長交際費の公表に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成15年3月19日告示第85号)

この告示は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成17年1月28日告示第11号)

この告示は、公示の日から施行する。

附 則(平成18年3月29日告示第90号)

この告示は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月29日告示第70号)

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月29日告示第65号)

この告示は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日告示第176号抄)

(施行期日)

1 この告示は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成27年3月30日告示第58号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日告示第39号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

(平28告示39・全改)

支出区分

支出対象

支出金額の基準

会費

各種団体等の懇親会等に市長又は市長の代理の者が出席するとき

1万円を上限とし、明示された金額

お祝い

各種団体等の懇親会等に市長又は市長の代理の者が出席するとき

1万円を上限とし、会費相当額又は出席者の数や会議等の規模を勘案した上で、社会通念上妥当と認められる金額

弔費

市勢振興功労者が死亡したとき

5,000円並びに弔電及び花輪(生花)に要する金額

議員が死亡したとき

5,000円並びに弔電及び花輪(生花)に要する金額

元議員が死亡したとき

5,000円並びに弔電及び花輪(生花)に要する金額

各種委員(市長辞令)が死亡したとき

5,000円及び弔電に要する金額

その他市長が必要と認めた者が死亡したとき

5,000円及び弔電に要する金額

このほか法事に招かれたときは、お茶料として1万5,000円

激励金

市に関係のある団体又は個人が全国大会に出場するとき

団体1万円、個人5,000円(議長交際費、教育長交際費、農業委員会長交際費及び消防団長交際費で対応するものは除く。)

その他

懇談会等に職員が市長又は市長の代理の者と同席するとき

一人につき1万円以内を基本とする。(その他の支出については、別途協議する。)

備考 この基準は、一般的な支出金額を示したものであり、この基準によることが適当でない事例が生じた場合は、関係者で協議し、決定する。

市長交際費の公表に関する要綱

平成13年12月12日 告示第192号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第1章 予算・会計
沿革情報
平成13年12月12日 告示第192号
平成15年3月19日 告示第85号
平成17年1月28日 告示第11号
平成18年3月29日 告示第90号
平成19年3月29日 告示第70号
平成22年3月29日 告示第65号
平成25年12月13日 告示第176号
平成27年3月30日 告示第58号
平成28年3月31日 告示第39号