○資金前渡職員に関する規程

平成14年4月1日

訓令第25号

(趣旨)

第1条 この訓令は、滝沢市財務規則(平成11年滝沢村規則第15号)第68条に規定する資金前渡職員に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 課等 市長の事務部局、教育委員会の事務部局、学校及び学校以外の教育機関、議会の事務部局、監査委員の事務部局、農業委員会の事務部局並びに選挙管理委員会の事務部局の課、室、所、館及び事務局をいう。

(2) 課長等 市長の事務部局、教育委員会の事務部局、学校及び学校以外の教育機関、議会の事務部局、監査委員の事務部局、農業委員会の事務部局並びに選挙管理委員会の事務部局の課長、室長、所長、館長及び事務局長をいう。

(資金前渡職員の設置)

第3条 職員に概括的に経費の金額を交付して現金支払い等をさせるため、課等に資金前渡職員を置く。

2 資金前渡職員は、課長等の職にある職員をもって充てる。

3 前項に規定するもののほか、必要に応じて資金前渡職員を置くことができる。ただし、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条第1項に規定する条件附採用の者をもって充てることはできない。

(任命)

第4条 資金前渡職員は、市長が任命する。

2 資金前渡職員の任命は、通知又はその他の方法によって代えることができる。

3 会計管理者は、必要があると認めるときは、資金前渡職員の職及び氏名等について報告を求めることができる。

(補則)

第5条 この訓令に定めるもののほか、資金前渡職員に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成15年3月31日訓令第10号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 現に改正前の訓令の規定によりされた処分、手続その他の行為は、この訓令による改正後の訓令の規定によりされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成16年11月11日訓令第35号)

(施行期日)

1 この訓令は、令達の日から施行する。

(経過措置)

2 現に改正前の訓令の規定によりされた処分、手続その他の行為は、この訓令による改正後の訓令の規定によりされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成19年3月23日訓令第3号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日訓令第29号抄)

(施行期日)

1 この訓令は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日訓令第30号)

この訓令は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成26年3月3日訓令第12号)

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

資金前渡職員に関する規程

平成14年4月1日 訓令第25号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第1章 予算・会計
沿革情報
平成14年4月1日 訓令第25号
平成15年3月31日 訓令第10号
平成16年11月11日 訓令第35号
平成19年3月23日 訓令第3号
平成25年12月13日 訓令第29号
平成25年12月13日 訓令第30号
平成26年3月3日 訓令第12号