○滝沢市国民健康保険高額療養資金等貸付基金条例施行規則

昭和52年6月30日

規則第5号

注 平成28年3月から改正経過を注記した。

(借入申請)

第2条 国民健康保険高額療養資金(以下「療養資金」という。)又は出産育児一時金の支給に係る出産に要する費用を支払うための資金(以下「出産資金」という。)の貸付けを受けようとする者は、国民健康保険高額療養資金等借入申請書(様式第1号)にそれぞれ次の各号に掲げる書類又はその写しを添えて市長に提出しなければならない。

(1) 療養資金の申請書に添付する書類 条例第3条第1号に規定する者が受けた療養に係る国民健康保険法(昭和33年法律第192号。以下「法」という。)第42条第1項に規定する一部負担金の請求書

(2) 出産資金の申請書に添付する書類

 条例第3条第2号の規定による申請 出産予定日までに1ヶ月以内である旨を証明する書類

 条例第3条第3号の規定による申請 妊娠4ヶ月以上である旨を証明する書類及び出産に要する費用の内訳が記載された請求書又は領収書

(貸付決定)

第3条 市長は、前条の規定による申請書を受理したときは、その内容を審査し、療養資金及び出産資金(以下「資金」という。)を貸し付けることに決定したときは国民健康保険高額療養資金等貸付決定通知書(様式第2号)により、資金を貸し付けないことに決定したときは国民健康保険高額療養資金等貸付不承認決定通知書(様式第3号)により当該申請者に通知するものとする。

(資金の交付)

第4条 前条の規定による資金の貸付けの決定の通知を受けた者は国民健康保険高額療養資金等借用証書(様式第4号)及び委任状(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定による書類を受理したときは、速やかに資金を交付するものとする。

(高額療養費等の充当)

第5条 市長は、前条の資金の貸付けの決定を受けた者(以下「借受者」という。)から提出された委任状に基づき、借受者に係る高額療養費・出産育児一時金の支払がなされたときは、直ちに当該高額療養費・出産育児一時金の全部又は一部を当該貸付金の支払に充てるものとする。

(資格喪失等の届出)

第6条 借受者は、その世帯に属する全ての被保険者若しくは出産を予定する被保険者がその資格を喪失したとき又はその住所若しくは氏名を変更したときは、直ちに資格喪失届(様式第6号)により、市長に届け出なければならない。

附 則

この規則は、昭和52年7月1日から施行する。

附 則(平成3年8月6日告示第92号)

この告示は、平成3年8月6日から施行する。

附 則(平成13年11月16日規則第31号)

この規則は、公布の日から施行し、平成13年4月1日から適用する。

附 則(平成17年3月29日規則第24号)

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 現に改正前のそれぞれの規則の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、なお従前の例による。

3 この規則の施行の際現に使用している改正前のそれぞれの様式は、この規則の施行後も当分の間使用することができる。

附 則(平成25年12月13日規則第45号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日規則第46号)

この規則は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成28年3月22日規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 行政庁の処分その他の行為又は不作為についての不服申立てに関する手続であって、この規則の施行前にされた行政庁の処分その他の行為又はこの規則の施行前にされた申請等に係る行政庁の不作為に係るものについては、なお従前の例による。

3 この規則の施行の際、それぞれの規則に規定する様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の改正を加え、なお使用することができる。

画像

(平28規則6・全改)

画像

(平28規則6・全改)

画像

画像

画像

画像

滝沢市国民健康保険高額療養資金等貸付基金条例施行規則

昭和52年6月30日 規則第5号

(平成28年4月1日施行)