○滝沢市社会教育委員会議運営規則

平成25年12月13日

教育委員会規則第3号

滝沢村社会教育委員会議運営規則(昭和47年滝沢村教育委員会規則第7号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、滝沢市社会教育委員の設置に関する条例(昭和32年滝沢村条例第46号)第4条の規定に基づき、社会教育委員(以下「委員」という。)の会議の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(定例会及び臨時会)

第2条 委員の会議(以下「会議」という。)は、定例会及び臨時会とする。

2 定例会は、年2回これを招集する。

3 臨時会は、必要がある場合において、これを招集する。

(会議の招集)

第3条 会議は、教育長が招集する。

2 教育長は、会議の開催の場所及び日時並びに会議に付議すべき事項を会議の開会の日の3日前までに委員に通知しなければならない。ただし、急を要する場合は、この限りでない。

(議長及び副議長)

第4条 会議には、委員の互選により議長及び副議長1人を置くものとする。

2 議長及び副議長の任期は、委員の任期とする。

3 議長は、会議を主宰する。

4 副議長は、議長を補佐し、議長に事故あるとき、又は欠けたときはその職務を代理する。

(定足数)

第5条 会議は、委員の半数以上が出席しなければ、これを開くことができない。ただし、同一案件につき再度招集しても、なお半数に達しないときは、この限りでない。

(会議)

第6条 会議の議事は、出席委員の過半数でこれを決する。

2 議長は、会議の結果を教育長を経由し教育委員会に報告しなければならない。

3 委員は、会議に出席できないときは、あらかじめ教育長に通知しなければならない。

4 委員は、会議において関係職員に対し、説明又は資料の提出を求めることができる。

5 関係職員は、議長の承諾を受け、会議に出席して意見を述べることができる。

(小委員会)

第7条 委員は、その職務を行うため必要に応じて常時又は臨時に小委員会を置くことができる。

2 小委員会の構成及びその他必要な事項は、会議において定める。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか、会議の運営に関し必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この規則は、平成26年1月1日から施行する。

滝沢市社会教育委員会議運営規則

平成25年12月13日 教育委員会規則第3号

(平成26年1月1日施行)