○滝沢市立小中学校施設の開放に関する条例

平成12年3月16日

条例第9号

(目的)

第1条 この条例は、住民の生涯学習の推進及び子供たちの安全な遊び場を確保するため、滝沢市立小中学校施設(以下「学校施設」という。)の開放に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(学校施設の開放の種類)

第2条 学校施設の開放は団体利用によるものとし、その種類は、次に定めるところによる。

(1) スポーツの場開放 住民のスポーツ・レクリエーション活動の場として学校施設を開放すること。

(2) 文化・学習の場開放 住民の文化・学習活動の場として学校施設を開放すること。

(3) 遊び場開放 子供の遊び場として学校施設を開放すること。

(開放する学校施設の決定等)

第3条 教育委員会は、前条に定める学校施設の開放を行うときは、開放の種類ごとに次の事項を決定し、あらかじめ公表するものとする。

(1) 開放する学校(以下「開放校」という。)

(2) 開放する施設(以下「開放施設」という。)

(3) 開放する日及び時間

(開放施設の管理責任)

第4条 滝沢市立小中学校管理運営規則(昭和39年滝沢村教育委員会規則第1号)第32条及び教育財産管理規則(昭和47年滝沢村教育委員会規則第6号)第10条の規定にかかわらず、開放校の校長は、教育委員会が学校施設の開放を行うものと決定した時間内においては、当該開放校の開放施設についての管理上の責任を負わないものとする。

2 教育委員会は、前項の規定により開放校の校長が負わないこととなる開放施設についての管理上の責任を負うべき職員(以下「管理責任者」という。)を指定するものとする。

(管理指導員)

第5条 開放校に管理指導員を置くことができる。

2 管理指導員は、教育委員会が委嘱するものとする。

(利用の許可)

第6条 開放施設を利用しようとする団体は、教育委員会の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとする場合も同様とする。

2 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、開放施設の利用を許可しない。

(1) 公安、風俗その他公益を害するおそれがあるとき。

(2) 設備、施設等を損傷し、汚損し、又は紛失するおそれがあるとき。

(3) 専ら私的営利を目的として使用すると認められるとき。

(4) 第3条の規定による公表の内容に関わらず、学校教育上やむを得ない事由が生じたとき。

(5) その他教育委員会が不適当と認めるとき。

3 教育委員会は、第1項の許可を行うに当たって開放施設の管理上必要な条件を付することができる。

(行為の禁止)

第7条 利用団体は、開放校において次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 施設、設備等を損傷し、汚損し、又は紛失すること。

(2) 指定した場所以外の場所に立ち入ること。

(3) 指定した設備以外の設備を使用すること。

(4) 指定した場所以外の場所に自動車等を乗り入れ、又は駐車すること。

(5) 飲酒をすること。

(6) 指定した場所以外の場所において喫煙その他の火気の使用をすること。

(7) 騒音若しくは大声を発し、又は暴力を用いる等他の利用者に迷惑を及ぼすこと。

(利用許可の取消し等)

第8条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、第6条第1項の許可を受けた利用団体に対し、当該許可を取り消し、その効力を停止し、第6条第3項の条件を変更し、又は利用の中止、原状の回復若しくは開放施設からの退去を命ずることができる。

(1) この条例又はこの条例の規定による処分に違反したとき。

(2) 管理責任者若しくはその所属職員又は管理指導員の指示に従わないとき。

(3) 虚偽の申請により使用の許可を受けたとき。

(4) 使用の許可後に第6条第2項各号のいずれかに該当すると認めたとき。

(5) 公益上又は学校教育上やむを得ない事由が発生したとき。

2 前項の取消し等により生じた損害については、市長は、その賠償について責を負わない。

(損害賠償)

第9条 利用団体は、施設、設備等を損傷し、汚損し、又は紛失したときは、市長の指示するところにより原状に回復し、又は損害を賠償しなければならない。ただし、市長は、やむを得ない理由があると認めるときは、賠償額を減額し、又は免除することができる。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、前条について必要な事項は市長が、その他学校施設の開放に関し必要な事項は教育委員会が、規則で定める。

附 則

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月25日条例第10号)

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日前に、現に改正前のそれぞれの条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、なお従前の例による。

附 則(平成25年12月13日条例第49号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日条例第50号)

この条例は、平成26年1月1日から施行する。

滝沢市立小中学校施設の開放に関する条例

平成12年3月16日 条例第9号

(平成26年1月1日施行)