○滝沢市病児保育事業実施要綱

平成14年5月27日

告示第101号

注 平成26年3月から改正経過を注記した。

(目的)

第1条 この告示は、病気の治療中又は病気の回復期にあるために集団保育が困難な乳幼児等を通所させ、保育その他の便宜(以下「病児保育」という。)を提供することにより、乳幼児等及びその家庭の福祉の向上を図ることを目的とする。

(平27告示132・一部改正)

(対象乳幼児等)

第2条 病児保育の提供を受けることができる者は、市の区域内又は盛岡市若しくは矢巾町の区域内に住所を有する者で次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 病気の回復期に至らない場合で、当面の症状の急変が認められない場合又は病気の回復期にあって、安静の確保に配慮する必要があるために、集団保育が困難な乳幼児で、次の又はのいずれかに該当する者

 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第24条第1項本文の規定による保育を受けている乳幼児

 に規定する者以外の乳幼児で、当該者の保護者の仕事の都合、傷病、事故、出産、冠婚葬祭等の理由により家庭での保育が困難な者

(2) 前号イに規定する乳幼児に準ずる状況にある、小学校に就学している児童

2 前項の規定にかかわらず、乳幼児等が次の各号のいずれかに該当するときは、病児保育の提供を受けることができない。

(1) 感染性の疾患を有し、感染のおそれがあると認められるとき。

(2) 病状が重く、入院又は加療等が必要と認められるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、病児保育の提供が不適当と認められるとき。

(平27告示132・平31告示47・一部改正)

(病児保育の内容)

第3条 病児保育の内容は、次に掲げるとおりとする。

(1) 保育サービス

(2) 健康状態のチェック

(3) 服薬の介助

(平27告示132・一部改正)

(病児保育の委託施設等)

第4条 病児保育は、次表の施設(以下「施設」という。)に委託して実施するものとする。

名称

所在地

キッズケアルーム風船

滝沢市穴口377番地1

グレイス病児保育室

滝沢市葉の木沢山373番地3

2 病児保育の利用定員は、1日あたり4人とする。ただし、市長が必要と認めたときは、この限りでない。

3 病児保育の1回当たりの利用期間は、次項に規定する病児保育の休業日を含む連続した7日以内とする。ただし、市長が必要と認めたときは、7日を超えて利用することができる。

4 施設の休業日は、次に掲げるとおりとする。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から1月3日までの日(ただし、前号に規定する日を除く。)

(4) その他市長が必要と認める日

5 前項に規定する休業日において、市長が必要と認めたときは、施設において病児保育を実施することができる。

6 病児保育の利用時間は、次に掲げるとおりとする。ただし、市長が必要と認めたときは、これを変更することができる。

(1) キッズケアルーム風船 午前8時から午後6時まで(土曜日にあっては、午前8時から午後0時30分まで)

(2) グレイス病児保育室 午前8時30分から午後5時30分まで

(平26告示50・平27告示132・平31告示10・平31告示47・一部改正)

(利用の申込等)

第5条 病児保育を受けようとする乳幼児等の保護者は、病児保育事業利用申込書(様式第1号)を施設を経由して市長に提出しなければならない。この場合において、当該乳幼児が第2条第1項第1号アに規定する者以外のときは、当該乳幼児等の扶養義務者のうち、市長が必要があると認めた者の当年度分(4月1日から8月31日までの間の申込みにあっては前年度分。以下同じ。)の市町村民税の額を証明する書類を添付しなければならない。

2 市長は、前項の申込みがあったときは、その内容を審査し、その結果を病児保育事業利用承認(不承認)通知書(様式第2号)により、当該申込みをした者に通知するものとする。

3 市長は、施設の長が対象乳幼児等であると確認したことに基づき、明確に第2条に規定する対象乳幼児等であると判断する場合は、第7条の規定により、事後に事務処理を行うことができる。

(平27告示132・平31告示47・一部改正)

(届出等)

第6条 前条第2項の規定による承認の通知(以下「承認通知」という。)を受けた者は、次の各号のいずれかに該当するときは、当該各号に定める書類により、速やかに市長に届け出なければならない。

(1) 次に掲げる事項に変更があったとき 病児保育利用変更届(様式第3号)

 承認通知を受けた者の氏名又は住所

 承認通知に係る乳幼児等(以下「利用乳幼児等」という。)の氏名

 利用乳幼児等の属する世帯員

 利用乳幼児等の属する世帯員の障害の有無

 利用乳幼児等の属する世帯の生活保護法(昭和25年法律第144号)による保護の有無又は中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律(平成6年法律第30号)第14条に基づく支援給付の有無

 利用乳幼児等の属する世帯に属する当該利用乳幼児等の扶養義務者の前年度分の所得税の額又は前年度の市町村民税の状況

(2) 承認通知に係る利用日の全部について利用しないとき 病児保育利用中止届(様式第4号)

(3) 承認通知に係る利用日の一部について利用しないとき 病児保育利用休止届(様式第5号)

2 市長は、前項の届出があった場合において必要があると認めたときは、病児保育事業利用承認変更(取消)通知書(様式第6号)により、当該届出をした者に通知するものとする。

(平26告示143・平27告示132・平31告示47・一部改正)

(緊急利用の取扱)

第7条 市長は、緊急性が極めて高い等の事情により、第5条第2項に規定する手続を行ういとまがなく、直ちに病児保育の実施を要すると認めたときは、同項に規定する手続によることなく、病児保育を実施するものとする。この場合において、当該乳幼児等の保護者又は市長は、病児保育を実施した後遅滞なく同項に規定する手続を行うものとする。

(平27告示132・一部改正)

(費用の負担)

第8条 利用乳幼児等の保護者は、滝沢市保育料徴収規則(平成27年滝沢市規則第24号。以下「規則」という。)別表第1から別表第6までに規定する階層区分及び別表に定める基準に従い短期利用に要する費用を負担しなければならない。ただし、階層区分が明確に判断できない場合は、別表に定める基準の区分ハとして費用負担額を決定するものとする。

2 利用乳幼児等の保護者は、前項の規定により負担する費用を市に納付するものとする。

3 市長は、前項の規定に基づく費用を納めさせようとする場合は、滝沢市財務規則(平成11年滝沢村規則第15号)第37条第1項に規定する納入通知書を保護者に送付しなければならない。

(平31告示10・一部改正)

(補則)

第9条 この告示に定めるもののほか、病児保育事業の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(平27告示132・一部改正)

附 則

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年3月25日告示第50号)

(施行期日)

1 この告示は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 現に改正前のそれぞれの告示の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、なお従前の例による。

附 則(平成17年12月12日告示第254号)

この告示は、平成18年1月1日から施行する。

附 則(平成20年8月8日告示第128号)

この告示は、公示の日から施行し、平成20年4月1日から適用する。

附 則(平成21年3月6日告示第31号)

この告示は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年10月1日告示第167号)

この告示は、平成22年10月1日から施行し、平成22年4月1日から適用する。

附 則(平成23年9月1日告示第170号)

この告示は、平成23年9月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日告示第176号抄)

(施行期日)

1 この告示は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日告示第177号)

この告示は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日告示第50号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成26年10月1日告示第143号)

この告示は、平成26年10月1日から施行する。

附 則(平成27年7月31日告示第132号)

(施行期日等)

1 この告示は、平成27年9月1日から施行し、平成27年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 この告示の施行前に、この告示による改正前の滝沢市病児・病後児保育事業実施要綱第5条及び第6条の規定によりなされた処分、手続その他の行為については、この告示による改正後の滝沢市病児保育事業実施要綱第5条及び第6条の規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成28年3月22日告示第33号)

(施行期日)

1 この告示は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 行政庁の処分その他の行為又は不作為についての不服申立てに関する手続であって、この告示の施行前にされた行政庁の処分その他の行為又はこの告示の施行前にされた申請等に係る行政庁の不作為に係るものについては、なお従前の例による。

3 この告示の施行の際、それぞれの告示に規定する様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の改正を加え、なお使用することができる。

附 則(平成31年2月15日告示第10号)

この告示は、平成31年2月18日から施行する。

附 則(平成31年3月29日告示第47号)

(施行期日)

1 この告示は、平成31年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の滝沢市病児保育事業要綱は、平成31年度以後の年度分の病児保育事業について適用し、平成30年度分までの病児保育事業については、なお従前の例による。

別表(第8条関係)

(平31告示10・一部改正)

区分

利用乳幼児等の属する世帯

費用負担額(日額)

規則別表第1別表第3及び別表第5中の階層区分Aの世帯

0円

規則別表第2別表第4及び別表第6中の階層区分a及びb0の世帯

0円

イ及びロを除く世帯

2,200円

(平31告示47・全改)

画像

(平31告示47・全改)

画像

(平31告示47・全改)

画像

(平31告示47・全改)

画像

(平31告示47・追加)

画像

(平31告示47・追加)

画像

滝沢市病児保育事業実施要綱

平成14年5月27日 告示第101号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成14年5月27日 告示第101号
平成17年3月25日 告示第50号
平成17年12月12日 告示第254号
平成20年8月8日 告示第128号
平成21年3月6日 告示第31号
平成22年10月1日 告示第167号
平成23年9月1日 告示第170号
平成25年12月13日 告示第176号
平成25年12月13日 告示第177号
平成26年3月31日 告示第50号
平成26年10月1日 告示第143号
平成27年7月31日 告示第132号
平成28年3月22日 告示第33号
平成31年2月15日 告示第10号
平成31年3月29日 告示第47号