○滝沢市生活排水対策推進要綱

平成2年4月1日

要綱第3号

注 平成27年2月から改正経過を注記した。

(目的)

第1条 この告示は、生活排水による公共用水域の水質汚濁を防止するための指導指針並びに市及び住民の果たすべき役割など、生活排水対策の推進に関し必要な事項を定め、住民の健康で快適な生活環境の確保に資することを目的とする。

(用語の定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 生活排水 し尿その他生活に起因する排水をいう。

(2) 生活雑排水 し尿を除く生活排水をいう。

(3) 合併処理施設 生活排水を処理する浄化槽その他の施設をいう。

(4) 雑排水処理施設 生活雑排水を処理する浄化槽その他の施設をいう。

(5) 集合型処理施設 集落又は団地単位以上を対象として設置する合併処理施設をいう。

(対象地域)

第3条 この告示の対象となる地域は、滝沢市全域とする。ただし、公共下水道供用開始告示区域を除く。

(生活排水処理の基本方針)

第4条 生活排水処理の基本方針は、地域の特性に応じ「滝沢市生活排水処理計画」に定めるところによるものとする。なお、公共下水道事業計画のある区域については、その見通し等を踏まえ、設置すべき処理施設等について適宜指導するものとする。

(平27告示26・一部改正)

(市の役割)

第5条 市は、土地改良区等関係機関の協力により、次に掲げる事項を推進するものとする。

(1) 生活排水対策に関し知識の普及及び啓発を図ること。

(2) 公共下水道の整備促進及び検討に関すること。

(3) 合併処理施設又は雑排水処理施設の設置並びにこれらの適正な使用及び維持管理に関し指導すること。

(4) 放流先の確保及び整備に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか生活排水対策に関して必要な事項

(平27告示26・一部改正)

(住民の役割)

第6条 住民は、次に掲げる事項の実施に努めるものとする。

(1) 厨房等で生ずる調理屑、食べ残し等の不要物及び油脂等を除去し、公共用水域に排出しないこと。

(2) リン酸塩を含む洗剤等の使用を自粛すること。

(3) 合併処理施設で処理することを基本とし、これによりがたい場合においては、戸別又は共同の雑排水処理施設を設置し、適正に維持管理すること。

(開発行為における排水基準)

第7条 開発行為における生活排水の処理については、合併処理施設を基本とし、それぞれの規模に応じて次の基準により指導するものとする。

pH

BOD

SS

大腸菌群数(1cm3につき個)

5.8~8.6

20mg/ι以下

50mg/ι以下

3,000以下

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は市長が定める。

附 則

この告示は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成4年6月1日告示第65号)

この要綱は、平成4年6月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日告示第176号抄)

(施行期日)

1 この告示は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日告示第177号)

この告示は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成27年2月20日告示第26号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

滝沢市生活排水対策推進要綱

平成2年4月1日 要綱第3号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 保健衛生
沿革情報
平成2年4月1日 要綱第3号
平成4年6月1日 告示第65号
平成25年12月13日 告示第176号
平成25年12月13日 告示第177号
平成27年2月20日 告示第26号