○滝沢市集落共同墓地の維持等に関する要綱

平成23年3月29日

告示第78号

(趣旨)

第1条 この告示は、集落共同墓地の永続性を確保し、及びその周辺の生活環境との調和を図るため、市が実施する集落共同墓地の維持等に関して必要な事項を定めるものとする。

(用語の意義)

第2条 この告示において「集落共同墓地」とは、滝沢市墓地、埋葬等に関する法律施行条例(平成18年滝沢村条例第3号)第2条第2項に規定する集落共同墓地をいう。

(集落共同墓地の維持等に関する方針)

第3条 市は、墓地、埋葬等に関する法律第10条の解釈及び運用に係る関係省庁の通知(平成11年3月29日生衛発505号厚生省生活衛生局長通知その他の通知をいう。)を準用して適用し墓地の経営の安定と施設の継続性確保を図るため集落共同墓地の整備改善等が必要な場合はその経費の全部を負担する。

(整備改善等)

第4条 整備改善等は、集落共同墓地の機能(最小限度の機能とする。)の維持に係る臨機の措置又は公共の福祉に資するための次のものに限る。ただし、管理者等が行う同様の工事等があるときは、これを妨げない。

(1) 国、県又は市が管理する道路を除く、専ら集落共同墓地への通行の用に供する道の凹凸、急勾配等による車両交通の途絶を防止するために行う不陸整正又は砂利敷

(2) 墓地名称の標識等の設置

(3) 災害等の復旧。ただし市が所有権を有する墓地用地(市以外の者が所有する建物等を除く。)に限る。

(4) その他これらに類する整備改善等

2 市は、整備改善等により設置された物件、構造物等があるときは、その管理者を明確にしなければならない。この場合において、特別の事情により別に譲渡等の契約をした場合を除き市がこれを管理する。

3 整備改善等は、管理者に対し負担金等を課さない。

4 整備改善等は、管理者の要望に基づきこれを行う。

5 整備改善等の対象となる土地が市の所有以外であるときは、管理者は、その所有者の同意を得てから前項の要望をしなければならない。

6 整備改善等の規格等の仕様は、市がこれを定める。

(優先順位の付与)

第5条 市長は、予算の額、緊急の程度、施行履歴等に応じ、整備改善等の実施の順位、範囲等を定めるものとする。

(補則)

第6条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は市長が定める。

附 則

この告示は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日告示第176号抄)

(施行期日)

1 この告示は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日告示第177号)

この告示は、平成26年1月1日から施行する。

滝沢市集落共同墓地の維持等に関する要綱

平成23年3月29日 告示第78号

(平成26年1月1日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 保健衛生
沿革情報
平成23年3月29日 告示第78号
平成25年12月13日 告示第176号
平成25年12月13日 告示第177号