○滝沢市後期高齢者医療保険料の特別徴収の対象とならない被保険者の基準を定める要綱

平成21年2月17日

告示第22号

(趣旨)

第1条 この告示は、高齢者の医療の確保に関する法律施行令(平成19年政令第318号。以下「政令」という。)第23条第3号に規定する保険料の徴収を円滑に行うことができると滝沢市(以下「市」という。)が認めるものについて、市における認定基準を定めるものとする。

(認定基準)

第2条 政令第23条第3号の規定に基づき、口座振替の方法により、保険料を徴収する被保険者は、次のいずれかに該当するものとする。

(1) 国民健康保険税又は後期高齢者医療制度保険料の納付状況が良好であったと認められる者

(2) 前号に掲げるもののほか、保険料の徴収を円滑に行うことができると滝沢市長(以下「市長」という。)が認める者

(特別徴収への変更)

第3条 市長は、口座振替の方法による徴収への変更後において特別な事情がないにもかかわらず保険料を滞納した者について必要があると認めるときは、特別徴収の方法による徴収へ変更することができる。

(雑則)

第4条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成21年2月17日から施行する。

附 則(平成25年12月13日告示第176号抄)

(施行期日)

1 この告示は、平成26年1月1日から施行する。

滝沢市後期高齢者医療保険料の特別徴収の対象とならない被保険者の基準を定める要綱

平成21年2月17日 告示第22号

(平成26年1月1日施行)

体系情報
第8編 生/第4章 後期高齢者医療
沿革情報
平成21年2月17日 告示第22号
平成25年12月13日 告示第176号