○滝沢・雫石介護認定審査会運営規則

平成11年9月30日

規則第20号

(趣旨)

第1条 この規則は、介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)及び介護保険法施行令(平成10年政令第412号。以下「政令」という。)並びに滝沢・雫石介護認定審査会共同設置規約に基づき、滝沢・雫石介護認定審査会(以下「認定審査会」という。)の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(会長及び副会長)

第2条 認定審査会に会長及び副会長各1人を置き、委員のうちから互選する。

2 会長は、会務を総理し、会議の議長となる。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(認定審査会の付議事項)

第3条 認定審査会に付議する事項は、次のとおりとする。

(1) 運営規則の改廃に関すること。

(2) 認定審査会が議決する事項に関すること。

(3) その他会長が特に必要と認める事項に関すること。

(合議体)

第4条 認定審査会に設置する政令第9条第1項に規定する合議体(以下「合議体」という。)の数は、4とする。

2 一の合議体を構成する委員の定数は、4人とする。

3 政令第9条第2項に規定する合議体の長は、合議体の会議を総務し、当該合議体の会議の議長となる。

4 合議体の長に事故があるときは、あらかじめその指名する委員が、その職務を代理する。

5 合議体は、会長が招集する。

6 合議体の会議は、公開しないものとする。

(除斥)

第5条 委員は、法第27条第1項及び第32条第1項の申請に係る次の案件について議決に加わることができない。

(1) 委員が属する指定居宅サービス事業者若しくは指定居宅介護支援事業者から居宅サービス若しくは居宅介護支援を受けている者又は委員が属する介護保険施設に入所若しくは入院している者に係る案件

(2) 委員の親族(親族であった者を含む。)に係る案件

(3) 委員が主治医として法第27条第6項の規定に基づく意見書を記載している者に係る案件

(4) その他委員に直接の利害関係が存する案件

(委任)

第6条 この規則に定めるもののほか、認定審査会の運営に関し必要な事項は、会長が認定審査会に諮って定める。

附 則

この規則は、平成11年10月1日から施行する。

附 則(平成21年2月27日規則第1号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成21年6月30日規則第22号)

この規則は、平成21年7月1日から施行する。

附 則(平成25年3月22日規則第11号)

この規則は、平成25年7月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日規則第45号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日規則第46号)

この規則は、平成26年1月1日から施行する。

滝沢・雫石介護認定審査会運営規則

平成11年9月30日 規則第20号

(平成26年1月1日施行)

体系情報
第8編 生/第5章 介護保険
沿革情報
平成11年9月30日 規則第20号
平成21年2月27日 規則第1号
平成21年6月30日 規則第22号
平成25年3月22日 規則第11号
平成25年12月13日 規則第45号
平成25年12月13日 規則第46号