○滝沢市自然災害及び農畜産物価格低迷対策特別資金利子補給規則

平成24年2月17日

規則第9号

注 平成28年3月から改正経過を注記した。

(目的)

第1条 この規則は、自然災害の発生及び農畜産物の販売価格の低迷により、農業経営に甚大な被害を受けた農業者が必要とする自然災害及び農畜産物価格低迷対策特別資金(以下「特別資金」という。)の融通を円滑にするため、当該特別資金の貸付けを行う新岩手農業協同組合(以下「融資機関」という。)に対し、市が利子補給を行い、もって農業経営の安定に資することを目的とする。

(特別資金の対象者)

第2条 特別資金の貸付けの対象となる者は、市の区域内に住所を有し、かつ、農業を営む者(以下「農業者」という。)とする。

(特別資金の使途)

第3条 特別資金の使途は、次に掲げるとおりとする。

(1) 農業経営の再生産に必要な経費(農畜産物の被害額又は減収額を限度とする。)

(2) 農業関連施設のり災による補修復旧に要する経費(予算の範囲内で市長が定める額を限度とする。)ただし、国、県その他関係機関から助成を受けたものを除く。

(3) その他市長が特に必要と認める経費

(利子補給の貸付条件等)

第4条 利子補給の貸付条件は、次に掲げるとおりとする。

(1) 貸付利率 年1.3パーセント以内

(2) 償還期間 61月以内

(3) 償還方法 元金均等償還

2 利子補給の率は、年1.3パーセント以内とする。

(利子補給金の額)

第5条 市が利子補給する額は、毎年1月1日から6月30日まで及び7月1日から12月31日までの各期間における特別資金につき算出した融資平均残高(計算期間中の毎日の最高残高(延滞額を除く。)の総和を年間の日数で除して得た金額とする。)に対し、前条第2項に規定する利子補給の率の割合で計算した額とする。

(利子補給の期間)

第6条 市が利子補給する期間は、61月以内とする。

(利子補給の承認申請)

第7条 融資機関は、貸付けを行う特別資金に係る利子補給を受けようとする場合は、当該貸付けについて、あらかじめ滝沢市自然災害及び農畜産物価格低迷対策特別資金利子補給承認申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添付して市長に提出しなければならない。

(1) 特別資金借入申込書の写し

(2) 償還年次表の写し

(3) その他市長が特に必要と認める書類

(利子補給の承認)

第8条 市長は、前条の申請書等を受理した場合は、その内容を審査し、利子補給をすべきものと認めるときは、滝沢市自然災害及び農畜産物価格低迷対策特別資金利子補給(変更)承認書(様式第2号)により、融資機関に利子補給の承認を行うものとする。

(利子補給の変更承認申請等)

第9条 前条の規定により利子補給の承認を受けた融資機関は、当該利子補給に係る償還方法等を変更しようとする場合は、滝沢市自然災害及び農畜産物価格低迷対策特別資金利子補給変更承認申請書(様式第3号)を速やかに市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書を受理した場合は、その内容を審査し、利子補給の変更の承認をすべきものと認めるときは、滝沢市自然災害及び農畜産物価格低迷対策特別資金利子補給(変更)承認書により、融資機関に利子補給の変更の承認を行うものとする。

(利子補給金の交付申請)

第10条 融資機関は、利子補給金の交付を受けようとする場合は、滝沢市自然災害及び農畜産物価格低迷対策特別資金利子補給金交付申請書(様式第4号)に滝沢市自然災害及び農畜産物価格低迷対策特別資金利子補給金計算書(様式第5号)及び滝沢市自然災害及び農畜産物価格低迷対策特別資金利子補給金計算明細書(様式第6号)を添付して、毎年1月31日までに市長に提出しなければならない。

(利子補給金の交付決定)

第11条 市長は、前条の申請書等を受理した場合は、その内容を審査し、利子補給金を交付すべきものと認めるときは、滝沢市自然災害及び農畜産物価格低迷対策特別資金利子補給金交付決定通知書(様式第7号)により、融資機関に利子補給金の交付決定を行うものとする。

(利子補給金の請求)

第12条 融資機関は、利子補給金の請求をしようとする場合は、滝沢市自然災害及び農畜産物価格低迷対策特別資金利子補給金請求書(様式第8号)第10条に規定する計算書及び計算明細書を添付して速やかに市長に提出しなければならない。

(利子補給金の交付)

第13条 市長は、前条の請求書等を受理した場合は、その内容を審査し、利子補給金の交付決定の内容に適合すると認めるときは、融資機関に利子補給金を交付するものとする。

(貸付実行報告)

第14条 融資機関は、特別資金の貸付けを実行した場合は、当該貸付けを実行した日の属する月の翌月10日までに滝沢市自然災害及び農畜産物価格低迷対策特別資金貸付実行報告書(様式第9号)を市長に提出しなければならない。

(利子補給の打切り等)

第15条 市長は、融資機関から特別資金の貸付けを受けた者が次の各号のいずれかに該当する場合は、融資機関に対し、利子補給を打ち切り、又は既に交付した利子補給金の全部若しくは一部の返還を命ずるものとする。

(1) 特別資金を他の用途に使用したとき。

(2) 偽りその他不正の手段により特別資金の貸付けを受けたとき。

(3) その他この規則に違反したとき。

(延滞金)

第16条 市長は、前条の規定により利子補給の返還を命じた融資機関が、これを納期限までに納付しなかった場合は、当該納期限から納付日までの日数に応じ、納付しなかった額に対し、市長が定める割合を乗じて計算した金額に相当する延滞金を納付させるものとする。

(報告の徴収等)

第17条 市長は、特に必要と認める場合は、融資機関に対し、特別資金の貸付けに関し報告を求め、又は当該貸付けに関する帳簿、書類等を調査させることができるものとする。

(補則)

第18条 この規則に定めるもののほか、特別資金の利子補給に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成24年2月17日から施行し、平成23年度分の補助から適用する。

附 則(平成25年12月13日規則第45号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成28年3月22日規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 行政庁の処分その他の行為又は不作為についての不服申立てに関する手続であって、この規則の施行前にされた行政庁の処分その他の行為又はこの規則の施行前にされた申請等に係る行政庁の不作為に係るものについては、なお従前の例による。

3 この規則の施行の際、それぞれの規則に規定する様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の改正を加え、なお使用することができる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

(平28規則6・全改)

画像

画像

画像

滝沢市自然災害及び農畜産物価格低迷対策特別資金利子補給規則

平成24年2月17日 規則第9号

(平成28年4月1日施行)