○滝沢市法定外公共物管理条例施行規則

平成16年3月5日

規則第12号

注 平成28年3月から改正経過を注記した。

(趣旨)

第1条 この規則は、滝沢市法定外公共物管理条例(平成16年滝沢村条例第6号。以下「条例」という。)の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(適用範囲)

第2条 条例第3条に規定する法定外公共物とは、次の各号に定めるものとする。

(1) 一般交通の用に供する道

(2) 農道又は林道(台帳に掲載されているものをいう。)

(3) 河川又は水路

(4) 公園又は緑地

(5) 調整池又はため池

(工事の承認申請等)

第3条 条例第5条第1項に規定する承認を受けようとする者は、法定外公共物工事施行承認申請書(様式第1号)次の各号に定める書類を添えて、管理者に提出しなければならない。ただし、管理者が認めたものについては、添付書類の一部を省略することができる。

(1) 位置図(縮尺5万分の1以上)

(2) 平面図(縮尺600分の1以上)

(3) 縦断図(縮尺縦100分の1以上、横600分の1以上)

(4) 横断図(縮尺100分の1以上)

(5) 構造図(縮尺50分の1以上)

(6) その他特に管理者が必要と認めて指示する書類

2 前項の承認を受けた者(以下「工事施行者」という。)は、当該承認に係る事項を変更しようとするときは、速やかに管理者に届け出て、その指示を受けなければならない。

3 工事施行者は、当該工事に着手しようとするときは、法定外公共物工事等着手(完成)(様式第2号)を管理者に提出しなければならない。

4 工事施行者は、工事が完成したときは、直ちに法定外公共物工事等着手(完成)届を管理者に提出し、その検査を受けなければならない。

(占用の許可の申請等)

第4条 条例第6条第1項に規定する許可を受けようとする者は、法定外公共物占用等許可(変更許可)申請書(様式第3号)次の各号に定める書類を添えて管理者に提出しなければならない。ただし、管理者が認めたものについては、添付書類の一部を省略することができる。

(1) 位置図(縮尺5万分の1以上)

(2) 工作物、物件又は施設の設計図及び仕様書(道路等の掘削を伴う場合にあっては、前条第1項第2号から第5号までに規定する書類及び道路等の復旧に関する設計書)

(3) 占用の場合又はその付近に利害関係を有する者がある場合は、その同意書

(4) その他管理者が特に必要とする書類

2 前項の許可を受けた事項を変更しようとする者は、法定外公共物占用等許可(変更許可)申請書に前項各号に定める書類のうち当該変更に関連のあるものを添えて、管理者に提出しなければならない。

3 条例第6条第1項の規定による許可を受けた者(以下「占用者」という。)は、占用工事に着手するときは、法定外公共物工事等着手(完成)届を管理者に提出しなければならない。

4 占用者は、占用工事が完成したときは、直ちに法定外公共物工事等着手(完成)届を管理者に提出し、その検査を受けなければならない。

(占用の期間)

第5条 条例第7条第1項に規定する占用期間は、次の各号によるものとする。

(1) 第2条第1号第2号又は第4号の規定によるものは、道路法施行令(昭和27年政令第479号)の例による。

(2) 第2条第3号又は第5号の規定によるものは、河川敷地の占用許可について(平成11年8月5日付け建設省河政発第67号)の例による。

2 管理者は、占用物件の内容その他の特別な事情があると認めるときは、占用期間を定めないことができる。

(占用期間の更新)

第6条 占用者は、前条の占用期間を更新しようとするときは、占用期間満了の日の30日前までに法定外公共物占用等期間更新許可申請書(様式第4号)を管理者に提出しなければならない。

(権利譲渡承認の申請)

第7条 条例第9条に規定する承認を受けようとする者は、法定外公共物権利譲渡承認申請書(様式第5号)を管理者に提出しなければならない。

(地位承継の申請)

第8条 条例第10条第2項の規定による届出は、法定外公共物地位承継届(様式第6号)により行わなければならない。

(占用廃止の届出)

第9条 条例第11条第1項第1号又は第2号の規定による届出は、法定外公共物占用廃止届(様式第7号)により行わなければならない。

(占用料等)

第10条 条例第12条第2項に規定する占用料等は、次の各号によるものとする。

2 管理者は、占用物件の内容その他の特別な事情があると認めるときは、占用料を徴収しないことができる。

(復旧命令)

第11条 管理者は、条例第13条の規定により復旧を命ずるときは、復旧工事等施行命令書(様式第8号)により行うものとする。

(工事の承認標識等の設置)

第12条 条例第5条第1項の承認を受けた工事施行者は、当該承認工事の期間中当該承認工事を行う場所に法定外公共物工事施行承認標識(様式第9号)を設置しなければならない。

2 条例第6条第1項の許可を受けた占用者は、当該占用許可工事の期間中当該占用許可工事を行う場所に法定外公共物占用許可標識(様式第10号)を設置しなければならない。

(排水基準)

第13条 法定外公共物に放流等を行うときの排水基準は、別に定める基準によるものとする。

(補則)

第14条 この規則に定めるもののほか、法定外公共物の管理及び使用に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年4月1日から施行する。

(滝沢村法定外公共物の管理に関する規則の廃止)

2 滝沢村法定外公共物の管理に関する規則(平成元年滝沢村規則第18号)は、廃止する。

(滝沢村林道管理規則の廃止)

3 滝沢村林道管理規則(平成12年滝沢村規則第43号)は、廃止する。

附 則(平成17年3月29日規則第24号)

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 現に改正前のそれぞれの規則の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、なお従前の例による。

3 この規則の施行の際現に使用している改正前のそれぞれの様式は、この規則の施行後も当分の間使用することができる。

附 則(平成25年12月13日規則第45号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日規則第46号)

この規則は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成28年3月22日規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 行政庁の処分その他の行為又は不作為についての不服申立てに関する手続であって、この規則の施行前にされた行政庁の処分その他の行為又はこの規則の施行前にされた申請等に係る行政庁の不作為に係るものについては、なお従前の例による。

3 この規則の施行の際、それぞれの規則に規定する様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の改正を加え、なお使用することができる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

(平28規則6・全改)

画像

画像

画像

滝沢市法定外公共物管理条例施行規則

平成16年3月5日 規則第12号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第1章
沿革情報
平成16年3月5日 規則第12号
平成17年3月29日 規則第24号
平成25年12月13日 規則第45号
平成25年12月13日 規則第46号
平成28年3月22日 規則第6号