○滝沢市準用河川占用料条例

平成12年3月16日

条例第11号

注 平成28年3月から改正経過を注記した。

(趣旨)

第1条 この条例は、河川法(昭和39年法律第167号。以下「法」という。)第100条第1項において準用する法第32条第1項の規定に基づき徴収する法第100条第1項に規定する準用河川に係る占用料に関し、必要な事項を定めるものとする。

(占用料の徴収)

第2条 市の区域内に存する準用河川について、法第100条第1項において準用する法第24条の規定により土地の占用の許可を受けた者から、別表に掲げる占用料を徴収する。

(占用料の算定方法)

第3条 前条の占用料について、同条の許可期間が1年に満たないものは、月割計算とし、1月に満たないものは1月としてその額を算定する。

2 占用料の総額が100円に満たないときは、100円に切り上げる。

(占用料の徴収方法)

第4条 占用料は、第2条の許可をした際に納入通知書により一括して徴収する。この場合において、当該許可の期間が翌年度以降にわたるときは、市の会計年度ごとに徴収するものとする。

(占用料の減免)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、占用料の全部又は一部を減免することができる。

(1) 国又は地方公共団体が公共用のために土地の占用を行うとき。

(2) かんがいのために土地の占用を行うとき。

(3) 災害その他やむを得ない事由により許可に係る土地の占用の全部又は一部を行うことができなくなったとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、公益上特に必要があると市長が認めたとき。

(占用料の不還付)

第6条 既納の占用料は、還付しない。ただし、占用許可を受けた者の責めに帰することができない理由により占用することができなかったときその他特別の理由があると市長が認めたときは、占用料の全部又は一部を還付することができる。

(罰則)

第7条 詐欺その他不正の行為により占用料の徴収を免れた者は、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円)以下の過料を処する。

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか、準用河川占用料等に関し必要な事項は、市長が規則で定める。

附 則

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月25日条例第10号)

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日前に、現に改正前のそれぞれの条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、なお従前の例による。

附 則(平成25年12月13日条例第49号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日条例第50号)

この条例は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成28年3月22日条例第12号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

(平28条例12・一部改正)

土地占用料

土地を使用しようとする目的による区分

単位

(1年につき)

通路

1平方メートルまでごとに

30円

鉄塔

占用面積が10平方メートル未満の場合

1基につき

700円

占用面積が10平方メートル以上の場合

1基につき

1,050円

電柱又は支柱の設置

1本につき

360円

水道管、ガス管、ケーブル、通信線、電線その他これらに類するものの埋設又は架設

外径が40センチメートル未満の場合

1メートルまでごとに

40円

外径が40センチメートル以上の場合

1メートルまでごとに

80円

その他のもの

1平方メートルまでごとに

30円

備考 看板、広告板その他これに類するものの面積は、板面等の面積による。

滝沢市準用河川占用料条例

平成12年3月16日 条例第11号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第5章
沿革情報
平成12年3月16日 条例第11号
平成17年3月25日 条例第10号
平成25年12月13日 条例第49号
平成25年12月13日 条例第50号
平成28年3月22日 条例第12号