○滝沢市社会福祉法人監査指導員設置規則

平成27年3月31日

規則第21号

(趣旨)

第1条 この規則は、滝沢市社会福祉法人監査指導員(以下「監査指導員」という。)の設置、身分、職務に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 社会福祉法(昭和26年法律第45号。以下「法」という。)第56条の規定に基づき市長が行う検査(以下「検査」という。)の適正かつ効果的な実施を図るため、監査指導員を置く。

(身分)

第3条 監査指導員は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に規定する非常勤の嘱託員とする。

(職務)

第4条 監査指導員は、法第56条の規定に基づき社会福祉法人の業務及び財産状況の検査に従事する。

2 監査指導員が監査に従事する社会福祉法人については、市長が別に定める。

3 監査指導員が従事する検査は、1社会福祉法人について2日間とする。ただし、そのうち1日は財務諸表等の決算関係書類の事前審査及び必要にあっては監査職員との事前打ち合わせに充てるものとする。

4 監査指導員は第1項に規定する検査の結果を、勤務終了後、監査結果報告書(様式第1号)により市長に報告しなければならない。

(任用)

第5条 市長は、税理士法(昭和26年法律第237号)第18条の規定により登録を受けた税理士の中から監査指導員を任用するものとする。

2 監査指導員の任期は、委嘱の日の属する年度の末日までとする。ただし、再任を妨げない。

(服務)

第6条 監査指導員の服務については、地方公務員法に定めるもののほか、次に掲げるとおりとする。

(1) 監査指導員は、職務の重要性を自覚し、誠実かつ公正に職務を遂行しなければならない。

(2) 監査指導員は、職務の遂行に当たっては、関係法令を遵守し、かつ、職務上の指示に従わなければならない。

(3) 監査指導員は、職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(4) 職務に従事する場合には、実施要綱第5条第1項に規定する身分を示す社会福祉法人検査証を携行し、関係者から請求があるときは、これを提示する。

(報酬)

第7条 報酬については、日額とし、予算の範囲内で定める額とする。

2 前項の報酬は、第4条第4項に規定する報告があった日以後、速やかに支給する。

(解職)

第8条 市長は、監査指導員が心身の故障のため職務の遂行ができないと認める場合又は監査指導員に職務上の義務違反その他監査指導員たるに適さない非行があると認める場合においては、その任期中にこれを解職することができる。

(補則)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

画像

滝沢市社会福祉法人監査指導員設置規則

平成27年3月31日 規則第21号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成27年3月31日 規則第21号