○滝沢市議会災害対策連絡会議規程

平成27年7月9日

議会訓令第2号

(趣旨)

第1条 この訓令は、滝沢市議会会議規則(昭和61年滝沢村議会規則第1号)第128条の規定に基づき設置する滝沢市議会災害対策連絡会議(以下「連絡会議」という。)の運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(招集)

第2条 議長は、市内で洪水、地震、噴火その他の重大な災害が発生した場合において、必要があると認めたときは連絡会議を招集する。

2 連絡会議は、滝沢市役所庁舎(以下「市庁舎」という。)で開催する。ただし、市庁舎が使用できないときは、議長が指定した場所で開催する。

(組織)

第3条 連絡会議は、議長、副議長及び議員をもって構成する。

2 議長は、連絡会議を代表し、その事務を統括する。

3 議長に事故がある場合又は欠けた場合において、その職務を代理する者の順序は、次のとおりとする。

(1) 第1順位者 副議長

(2) 第2順位者 議会運営委員会委員長

(3) 第3順位者 総務教育常任委員会委員長

(4) 第4順位者 環境厚生常任委員会委員長

(5) 第5順位者 産業建設常任委員会委員長

(所掌事項)

第4条 連絡会議の所掌事項は、次のとおりとする。

(1) 議員から災害情報を収集・整理し、滝沢市災害対策本部(以下「市本部」という。)に提供すること。

(2) 市本部から災害情報を収集し、議員に提供すること。

(3) その他議長が必要と認める事項に関すること。

(議会事務局の対応)

第5条 議会事務局は、市本部から災害情報を収集するとともに、連絡会議の事務に当たる。

(補則)

第6条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、議長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成27年7月9日から施行する。

滝沢市議会災害対策連絡会議規程

平成27年7月9日 議会訓令第2号

(平成27年7月9日施行)

体系情報
第2編 議会・選挙/第1章
沿革情報
平成27年7月9日 議会訓令第2号