○滝沢市自立支援協議会設置要綱

平成29年3月31日

告示第81号

(設置)

第1条 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)第89条の3第1項の規定に基づき、市における障がい者等への支援の体制の整備を図るため、滝沢市自立支援協議会(以下「協議会」という。)を置く。

(所掌事項)

第2条 協議会の所掌事務は、次に掲げるとおりとする。

(1) 地域における障がい者等の支援体制に関する課題の共有に関すること。

(2) 地域における相談支援体制の整備状況、課題、ニーズ等の把握に関すること。

(3) 地域における関係機関との連携の強化及び社会資源の開発、改善等に向けた協議に関すること。

(4) 相談支援の従事者の質の向上を図るための取組に関すること。

(5) 個別事例への支援の在り方に関する協議、調整等に関すること。

(6) 障がい者等への虐待の未然防止、早期発見及び早期対応に向けた体制構築の協議に関すること。

(7) 滝沢市障がい者計画の進捗及び見直しに関すること。

(8) 滝沢市障がい福祉計画及び滝沢市障がい児福祉計画の策定、進捗及び見直しに関すること。

(9) その他障がい者等に対する支援体制の充実に向けた取組に関すること。

(組織)

第3条 協議会は、委員30人以内をもって組織する。

2 委員は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱する。

(1) 相談支援事業者

(2) 障害福祉サービス事業者

(3) 保健及び医療関係機関に属する者

(4) 教育関係機関に属する者

(5) 企業及び雇用関係機関に属する者

(6) 障がい者関係団体に属する者

(7) その他市長が必要と認める者

(委員の任期)

第4条 委員の任期は、委嘱の日から委嘱した日の属する年度の翌年度の末日までとし、再任を妨げない。ただし、欠員を生じた場合における補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長)

第5条 協議会に会長を置き、委員の互選によりこれを定める。

2 会長は、協議会を代表し、会務を総理する。

3 会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、会長があらかじめ指名する委員がその職務を代理する。

(会議)

第6条 協議会の会議は、会長が招集し、会長が議長となる。

2 前項の規定にかかわらず、会長が選出されていないときは、市長が招集する。

3 会議は、委員の半数以上の出席がなければ開くことができない。

4 議長は、必要があると認めるときは、会議に委員以外の者の出席を求めて意見を聴き、又は資料の提出若しくは説明を求めることができる。

(庶務)

第7条 協議会の庶務は、健康福祉部地域福祉課において処理する。

(委任)

第8条 この告示に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、会長が協議会に諮って定める。

附 則

この告示は、平成29年4月1日から施行する。

滝沢市自立支援協議会設置要綱

平成29年3月31日 告示第81号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成29年3月31日 告示第81号