○たつの市個人情報の保護に関する法律施行条例

令和5年3月27日

条例第3号

(趣旨)

第1条 この条例は、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号。以下「法」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例において使用する用語は、法及び個人情報の保護に関する法律施行令(平成15年政令第507号)で使用する用語の例による。

2 この条例において「実施機関」とは、市長(水道事業、下水道事業及び宿舎事業を含む。)、教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、公平委員会、農業委員会及び固定資産評価審査委員会をいう。

(手数料等)

第3条 法第89条第2項の規定により納付しなければならない手数料の額は、別表に定めるとおりとする。ただし、法第82条第2項の規定により開示をしない旨の決定をした場合は、手数料を無料とする。

2 市長が特別の理由があると認めるときは、手数料を減額し、又は免除することができる。

3 既納の手数料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

4 写しの交付を送付により求めようとする開示請求者は、第1項に規定する手数料のほか、送付に要する費用を負担しなければならない。

(審査会への諮問)

第4条 実施機関は、次の各号のいずれかに該当する場合において、個人情報の適正な取扱いを確保するため専門的な知見に基づく意見を聴くことが特に必要であると認めるときは、たつの市行政不服審査会条例(平成28年条例第2号)に規定するたつの市行政不服審査会に諮問することができる。

(1) この条例の規定を改正し、又は廃止しようとする場合

(2) 法第66条第1項の規定に基づき講ずる措置の基準を定めようとする場合

(3) 前2号に掲げる場合のほか、実施機関における個人情報の取扱いに関する運用上の細則を定めようとする場合

(委任)

第5条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、実施機関が別に定める。

 抄

(施行期日)

第1条 この条例は、令和5年4月1日から施行する。

(たつの市個人情報保護条例の廃止)

第2条 たつの市個人情報保護条例(平成17年条例第25号)は、廃止する。

(経過措置)

第3条 次に掲げる者に係る前条の規定による廃止前のたつの市個人情報保護条例(以下「旧条例」という。)第9条の2第2項又は第10条の規定によるその業務に関して知り得た旧条例第2条第1号に規定する個人情報(以下「旧個人情報」という。)の内容をみだりに他人に知らせ、又は不当な目的に利用してはならない義務については、この条例の施行後も、なお従前の例による。

(1) この条例の施行の際現に旧条例第2条第9号に規定する実施機関(以下「旧実施機関」という。)の職員である者又はこの条例の施行前において旧実施機関の職員であった者のうち、この条例の施行前において旧個人情報の取扱いに従事していた者

(2) この条例の施行前において旧実施機関から旧個人情報の取扱いの委託を受けた業務に従事していた者

(3) この条例の施行前において指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者をいう。)が管理する公の施設(同法第244条第1項に規定する公の施設をいう。)の管理の業務に従事していた者

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)前に旧条例第16条、第31条又は第39条の規定による請求がされた場合における旧条例に規定する保有個人情報の開示、訂正及び利用停止については、なお従前の例による。

3 次に掲げる者が、正当な理由なく、この条例の施行前において旧実施機関が保有していた個人の秘密に属する事項が記録された旧条例第2条第5号アに係る個人情報ファイル(その全部又は一部を複製し、又は加工したものを含む。)をこの条例の施行後に提供したときは、2年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。

(1) この条例の施行の際現に旧実施機関の職員である者又はこの条例の施行前において旧実施機関の職員であった者

(2) 第1項第2号に掲げる者

(3) 第1項第3号に掲げる者

4 前項各号に掲げる者が、その業務に関して知り得たこの条例の施行前において旧実施機関が保有していた旧条例第2条第4号に規定する保有個人情報をこの条例の施行後に自己若しくは第三者の不正な利益を図る目的で提供し、又は盗用したときは、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

5 法人(法人でない団体で代表者又は管理人の定めのあるものを含む。以下この項において同じ。)の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関して前2項に規定する違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても、各本項の罰金刑を科する。

6 前3項の規定は、市の区域外においてこれらの項の罪を犯した者にも適用する。

第4条 旧条例の規定がその効力を失う前にした違反行為の処罰については、その失効後も、なお従前の例による。

(たつの市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の一部改正)

第5条 たつの市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例(平成18年条例第4号)の一部を次のように改正する。

第13条第1項中「たつの市個人情報保護条例(平成17年条例第25号)」を「個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)」に改める。

(たつの市行政不服審査会条例の一部改正)

第6条 たつの市行政不服審査会条例(平成28年条例第2号)の一部を次のように改正する。

第7条第1項第2号及び第3号を次のように改める。

(2) たつの市情報公開条例(平成17年条例第24号)第19条、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)第105条第3項において準用する同条第1項及びたつの市議会の個人情報の保護に関する条例(令和5年条例第1号。以下「議会個人情報保護条例」という。)第45条第1項の規定による諮問に応じて調査審議し、答申すること。

(3) たつの市個人情報の保護に関する法律施行条例(令和5年条例第3号。以下「法施行条例」という。)第4条及び議会個人情報保護条例第50条の規定による諮問に応じて調査審議し、答申すること。

第7条第2項中「たつの市個人情報保護条例第2条第9号」を「法施行条例第2条第2項」に改める。

別表(第3条関係)

手数料の区分

地方公共団体等行政文書の種類

費用負担の額

閲覧手数料

文書、図画又は写真

1件につき300円

写しの交付手数料

文書、図画又は写真

1件につき300円に写し1枚につき10円(カラーの場合は20円)を加えて得た額

その他電磁的記録

1件につき300円に写し又は複製物の作成に要する費用に相当する費用を加えて得た額

備考

1 1件とは、決裁等の手続等を一にするものをいう。ただし、公簿については1冊をもって1件とし、図画については1枚をもって1件とする。

2 閲覧に引き続いて、当該閲覧に係る地方公共団体等行政文書の写しを交付する場合においては、当該閲覧及び写しの交付に係る手数料は、写しの交付の場合の手数料によるものとする。

3 写しを交付する場合は、原則として日本産業規格A列4番による用紙を用いるものとし、他の大きさの用紙を用いたときの写しの枚数の算定については、実施機関が別に定める。

たつの市個人情報の保護に関する法律施行条例

令和5年3月27日 条例第3号

(令和5年4月1日施行)