○鶴岡市普通共用林野の運営に関する条例

平成17年10月1日

条例第191号

(趣旨)

第1条 国と鶴岡市との間に契約した鶴岡市普通共用林野(以下「共用林野」という。)の運営については、この条例の定めるところによる。

(共用林野の区域及び利用区分)

第2条 共用林野の区域は、次に掲げるとおりとする。

(1) 鶴岡市大机字東大樫国有林

(2) 鶴岡市関根字川内沢国有林

(3) 鶴岡市中山字里山国有林

(4) 鶴岡市羽黒町手向字中台外2国有林

(5) 鶴岡市黒川字天狗森外2国有林

(6) 鶴岡市田麦俣外7国有林

(7) 鶴岡市田麦俣字六十里山外27国有林

(8) 鶴岡市菅野代外8国有林

(9) 鶴岡市温海川字川内外28国有林

2 前項の区域の集落別利用区域は、旧来の慣行により、次に掲げるとおりとする。

(1) 大机及び坂野下 大机字東大樫国有林

(2) 東目及び関根 関根字川内沢国有林及び中山字里山国有林

(3) 旧羽黒町の全集落 羽黒町手向字中台、川代字東増川山及び西増川山国有林

(4) 旧櫛引町の全集落 黒川字天狗森、研沢及び羽黒町川代字東増川山国有林

(5) 大網及び田麦俣 字上堰、切通、蛇崩、中山、鶴の里及び六十里山国有林

(6) 上名川、下名川、大平、大針及び小針 字早田川国有林

(7) 松沢 字大平及び小俣国有林

(8) 下田沢及び上田沢 字八久和、河胡桃平及び六十里山国有林

(9) 倉沢 字摩耶山、成就平、大平、新沢、猿倉及び柳平国有林

(10) 荒沢 字荒沢、西山及び鬢中木国有林

(11) 鱒渕 字池の平国有林

(12) 繁岡及び誉谷 字繁岡、富岡及び深谷現国有林

(13) 寿岡及び松ケ崎 字檜原、豊崎及び枡形国有林

(14) 早田、鼠ヶ関、鍋倉及び小名部 字中山、深山、大倉、幾重谷、平沢、橋掛、鍋倉及び角間谷国有林

(15) 菅野代、温海川、木野俣、関川、越沢、小国及び峠ノ山 字沢口、川内、北俣、中野俣、中小屋、南俣、向田、郷清水、槙野台、入山、越沢、下向、萩野平、木野俣、川前、清水田、広谷、沢田、誕生、町尻及び髯ノ沢国有林

(一部改正〔平成19年条例31号〕)

(共用者及び共用者証)

第3条 共用者は、前条第1項各号の共用林野の区域ごとに、次に掲げるとおりとする。

(1) 前条第1項第1号の区域については、同条第2項第1号の地区内に住所を有する者

(2) 前条第1項第2号及び第3号の区域については、同条第2項第2号の地区内に住所を有する者

(3) 前条第1項第4号の区域については、旧羽黒町の区域に住所を有する者

(4) 前条第1項第5号の区域については、旧櫛引町の区域に住所を有する者

(5) 前条第1項第6号及び第7号の区域については、旧朝日村の区域に住所を有する者

(6) 前条第1項第8号及び第9号の区域については、旧温海町の区域に住所を有する者

2 前項の共用者には、共用者証を交付する。

(採取料)

第4条 共用者又は共用者以外の者が、共用林野に入林して林産物を採取するときは、市長は、その者から採取料を徴収することができる。

2 採取料の徴収は、市長が森林管理署長と協議して定める有料採取方法書に従って行う。

(林産物の採取)

第5条 共用者又は前条の規定により入林を許可された者は、契約に定められた林産物を採取するものとする。

2 採取した林産物は、採取者のものとする。

3 林産物の採取のため入林する者が携帯する共用者証及び入林許可証については、その様式を定めたとき及びこれを交付したときは、その様式及びその数量を所轄森林管理署に届け出るものとする。

(共用者証等の携帯)

第6条 共用林野に入林して林産物を採取する場合は、共用者証又は入林許可証を携帯しなければならない。

(共用林野に要する経費)

第7条 共用林野に要する経費は、市の収入金をもって充てるものとする。

(保護義務)

第8条 共用林野の保護は、保護方法書に従い行うものとする。

(違約者に対する処置)

第9条 共用者又は第4条の規定により入林を許可された者が、共用林野につき罪を犯し、又はこの条例に違反したとき若しくは市長が必要があると認めたときは、その者につき相当期間、林産物の採取及び分配を停止し、若しくは共用者から除名し、又は許可を取り消すことができる。

2 市長は、前項の規定により処置したときは、その経過及び状況を所轄森林管理署長に届け出るものとする。

第10条 この条例を変更しようとするときは、あらかじめ所轄森林管理署長に協議するものとする。

(委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の鶴岡市普通共用林野の運営に関する条例(昭和38年鶴岡市条例第38号)、普通共用林野の運営に関する条例(昭和35年羽黒町条例第14号)、櫛引町普通共用林野運営に関する条例(昭和29年櫛引町条例第28号)、朝日村普通共用林野運営に関する条例(昭和34年朝日村条例第6号)又は温海町普通共用林野の運営に関する条例(昭和34年温海町条例第10号)の規定によりなされた決定、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(平成19年3月23日条例第31号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

鶴岡市普通共用林野の運営に関する条例

平成17年10月1日 条例第191号

(平成19年4月1日施行)