○安来市廃棄物の収集運搬及び処分に関する手数料条例

平成16年10月1日

条例第150号

(趣旨)

第1条 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。以下「法」という。)その他別に定めがあるもののほか、市が行う廃棄物の収集、運搬及び処分については、この条例の定めるところにより手数料を徴収する。

(廃棄物処理手数料)

第2条 法第6条の2第1項並びに法第11条第2項の規定により安来市が行う廃棄物の収集、運搬及び処分については、別表に定める手数料を徴収する。

(許可申請等の手数料)

第3条 次の各号に掲げる者は、当該各号に定める手数料を申請、届出又は検査の際に納入しなければならない。

(1) 法第7条第1項の規定による許可を受けようとする者 1件につき15,000円

(2) 浄化槽法(昭和58年法律第43号)第35条第1項の規定による許可を受けようとする者 1件につき15,000円

(3) 許可証の再交付を受けようとする者 1件につき2,000円

(4) 施設及び器材の検査を受けようとする者 1件につき2,000円

(5) 検査証の再交付を受けようとする者 1件につき1,000円

(6) 従業員の身分証の交付又は再交付を受けようとする者 1件につき200円

(手数料の納付方法)

第4条 前2条に規定する手数料は、市長の発行する納入通知書により納付しなければならない。

2 手数料の基礎となる数量は、市長の認定するところによる。

(手数料の減免)

第5条 次の各号のいずれかに該当する土地又は建物の占有者については、その者の申請により事業活動によらない廃棄物処理に係る手数料を減免することができる。

(1) 当該手数料を納付する資力がないと市長が認めた者

(2) 災害その他特別の事情があると市長が認めた者

(既納の手数料)

第6条 既に納付した手数料は、いかなる事由があっても還付しない。ただし、市長が特に必要と認めたときは、この限りでない。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに、合併前の安来市廃棄物の収集運搬及び処分に関する手数料条例(昭和47年安来市条例第40号)若しくは伯太町廃棄物の収集運搬及び処分に関する手数料条例(昭和61年伯太町条例第7号)又は解散前の安来能義広域行政組合廃棄物処理手数料条例(平成12年安来市能義郡保健衛生組合条例第5号)(以下これらを「合併等前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなし、その手数料については、なお合併前等の条例の例による。

附 則(平成16年12月22日条例第249号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成17年12月21日条例第64号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年12月25日条例第50号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成26年1月27日条例第1号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(令和元年12月17日条例第21号)

この条例は、令和2年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

種別

取扱区分

単位

金額




一般ごみ

可燃ごみ

大1枚

43

中1枚

34

小1枚

24

不燃ごみ

大1枚

34

中1枚

29

小1枚

24

事業活動によるもので申出により収集処理するもの

上記可燃ごみ及び不燃ごみの手数料に加え1個につき

95

不燃ごみ

日常の家庭生活から生ずる廃棄物で自ら処理施設に搬入するもの

100kgまでのもの

381

100kgを超えるもの

381円に100kgを超える50kgごとに191円を加えた額(50kg未満は50kgとみなす。)

事業活動から生ずる廃棄物で自ら処理施設に搬入するもの

100kgまでのもの

1,524

100kgを超えるもの

1,524円に100kgを超える50kgごとに762円を加えた額(50kg未満は50kgとみなす。)

可燃ごみ

日常の家庭生活から生ずる廃棄物で自ら処理施設に搬入するもの

100kgまでのもの

381

100kgを超えるもの

381円に100kgを超える50kgごとに191円を加えた額(50kg未満は50kgとみなす。)

事業活動から生ずる廃棄物で自ら処理施設に搬入するもの

100kgまでのもの

1,524

100kgを超えるもの

1,524円に100kgを超える50kgごとに762円を加えた額(50kg未満は50kgとみなす。)

粗大ごみ

日常の家庭生活によるもので申出により収集するもの

1回につき3個まで(年2回まで)

477

し尿

申出により収集処理するもの

18リットル当たり

市の区域のうち広瀬町及び伯太町を除く区域 176

広瀬町の区域のうち広瀬、石原、町帳、富田、祖父谷、下山佐及び菅原 179

広瀬町の区域のうち布部、宇波及び上山佐 184

広瀬町の区域のうち西比田、梶福留、東比田、奥田原及び西谷 192

伯太町の区域 180

備考

1 この表の一般ごみの部及びし尿の部に規定するものに係る手数料の額は、同表に掲げる額にそれぞれ消費税の税率を乗じて得た額及びその額に地方消費税の税率を乗じて得た額を合算した額を加えた額(当該額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)とする。

2 この表の不燃ごみの部、可燃ごみの部及び粗大ごみの部に規定するものに係る手数料の額は、同表に掲げる額にそれぞれ消費税の税率を乗じて得た額及びその額に地方消費税の税率を乗じて得た額を合算した額を加えた額(当該額に10円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)とする。

安来市廃棄物の収集運搬及び処分に関する手数料条例

平成16年10月1日 条例第150号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第4章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
平成16年10月1日 条例第150号
平成16年12月22日 条例第249号
平成17年12月21日 条例第64号
平成18年12月25日 条例第50号
平成26年1月27日 条例第1号
令和元年12月17日 条例第21号