○安来市平成12年鳥取県西部地震による農地等の復旧に対する合併前の伯太町資金融資に関する利子補給金交付要綱

平成16年10月1日

告示第118号の11

(目的)

第1条 この告示は、合併前の伯太町において施行していた鳥取県西部地震災害による軽微な農地等の復旧に対する支援要綱(平成13年3月20日制定。以下「合併前の要綱」という。)に基づく利子補給金の交付について、合併前に利子補給の承認を受けていた者に対し、合併後も引き続き利子補給金の交付を行うことに関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(利子補給の対象者)

第2条 利子補給の対象者は、合併前の伯太町の区域において鳥取県西部地震により農地等に被害を受け、災害による農地等被害認定を受けた者で、その復旧のため資金を借り入れ、合併前の要綱に基づき利子補給の承認を受けた者(以下「受給者」という。)とする。

(利子補給の対象となる資金の種類、利子補給率及び利子補給期間)

第3条 利子補給の対象となる資金の種類は、島根県農業協同組合(以下「融資機関」という。)が実施するアグリマイティ資金とし、利子補給率は年1.4%とする。また利子補給期間は、償還を開始した月から10年以内を限度とする。

(利子補給金の額)

第4条 利子補給金の額は、毎年1月1日から6月30日まで及び7月1日から12月31日までの各期間に受給者が支払った借入金利子のうち、前条の規定による利子補給率によって算出した額とする。

(利子補給金の交付申請)

第5条 利子補給金の交付申請は、受給者に代わり融資機関が行うこととし、1月1日から6月30日までの期間に係る利子補給金についてはその年の7月31日までに、7月1日から12月31日までの期間に係る利子補給金についてはその翌年の1月31日までに、それぞれ利子補給交付申請書(様式第1号)に償還実績が確認できる書類を添えて市長に提出するものとする。

(利子補給金の交付決定)

第6条 市長は、前条の規定により交付申請があった場合において、適当と認めたときは、利子補給金交付決定通知書(様式第2号)を交付するものとする。

(利子補給金の請求)

第7条 融資機関は、前条による交付決定通知書を受けた後、速やかに利子補給金請求書(様式第3号)を市長に提出するものとする。

(利子補給金の支払)

第8条 市長は、前条の規定により融資機関から利子補給金請求書の提出を受けた場合において、適当と認めたときは、当該請求書を受理した日から30日以内に融資機関にこれを支払うものとし、融資機関にあっては、支払を受けた後速やかに受給者の口座へ利子補給金を振込むこととする。

(利子補給金の打切り等)

第9条 市長は、受給者が、その借入金を目的以外に使用したとき又は、融資機関がその責に帰すべき事由によりこの規則に違反したときは、利子補給を打ち切り、又は既に交付した利子補給金の全部もしくは一部の返還を命ずることができるものとする。

(報告の義務等)

第10条 受給者、融資機関は、市長が利子補給に係る資金の貸付けに関し報告を求めたとき又はその職員をして当該貸付けに関する帳簿、書類等を調査させるときは、これに協力しなければならない。

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

1 この告示は、平成16年10月1日から施行する。

2 合併前の伯太町の鳥取県西部地震災害による軽微な農地等の復旧に対する支援要綱に基づいてなされた手続き等の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成27年2月27日告示第10号)

この告示は、平成27年3月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

安来市平成12年鳥取県西部地震による農地等の復旧に対する合併前の伯太町資金融資に関する利…

平成16年10月1日 告示第118号の11

(平成27年3月1日施行)