○安来市休日保育事業実施要綱

平成20年3月31日

告示第51号

(目的)

第1条 この告示は、保護者の就労形態の多様化に伴う保育需要に対応するため、休日(日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいう。以下同じ。)において保育を実施すること(以下「休日保育」という。)により、保護者の子育てと就労の両立を支援し、児童福祉の向上を図ることを目的とする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は、安来市とする。

2 市は、この事業を社会福祉法人に委託することができるものとする。

(対象施設及び対象児童)

第3条 休日保育を実施する施設は、市内の認可保育所及び認定こども園(以下「保育所等」という。)のうち市長が指定するものとし、対象となる児童は、当該保育所等に在籍する児童であって休日においても保育に欠けるものとする。

(実施日及び時間)

第4条 休日保育を実施する日及び保育時間は、次のとおりとする。ただし、市長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(1) 実施する日は、12月30日から翌年の1月3日までを除く休日とする。

(2) 保育時間は、原則として午前8時30分から午後5時30分までとする。

(職員配置)

第5条 休日保育を実施するときは、2人以上の保育士を配置するものとし、児童の数に応じて必要な職員を配置しなければならない。

(利用手続)

第6条 休日保育を希望する児童の保護者は、あらかじめ休日保育事業利用申請書(様式第1号)を市長に提出するものとする。

2 市長は、前項の申請があったときは、その適否を決定し、休日保育事業利用承諾(不承諾)通知書(様式第2号)により当該保護者に通知するものとする。

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日告示第44号)

(施行期日)

1 この告示は、平成27年4月1日から施行する。

(安来市就学前児童支援事業実施要綱の廃止)

2 安来市就学前児童支援事業実施要綱(平成23年安来市告示第122号)は廃止する。

附 則(平成28年2月17日告示第9号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

安来市休日保育事業実施要綱

平成20年3月31日 告示第51号

(平成28年4月1日施行)