○安来市教育支援センター運営規則

平成21年3月25日

教育委員会規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、安来市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が、不登校をはじめとする学校不適応児童生徒の情緒の安定、集団生活への適応、基本的生活習慣の改善、基礎的な学力の補充等のための適切な支援・指導を行うことにより、学校への復帰、社会的自立及び社会的適応を図るため教育委員会が設置する安来市教育支援センター(以下「支援センター」という。)の運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 支援センターを利用することができる者は、原則として市内の小中学校に在籍する児童生徒及びその保護者であって、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 校長が個別的な相談及び指導を要すると認める児童生徒及びその保護者

(2) 関係機関から依頼又は紹介された児童生徒及びその保護者

(3) その他教育長が特に支援が必要と認めた者

(支援体制)

第3条 支援センターに、センター長1人、相談員10人程度及び支援員5人程度を置く。

2 センター長は、支援センターを統括し、支援体制の連携及び充実を図る。

3 相談員及び支援員は、児童生徒一人ひとりに応じた支援計画を作成し、効果的な支援を行うものとする。

(支援の内容及び方法)

第4条 支援センターは、児童生徒の学校への復帰及び適応を目標として次に掲げる支援を行うものとする。

(1) 前条第3項に規定する支援計画に基づく個別指導を行う。

(2) 集団指導、体験活動等を児童生徒一人ひとりに合わせて効果的に行う。

(3) 家庭及び学校における児童生徒への支援等について助言する。

(開設時間)

第5条 支援センターの開設時間は、原則として午前8時30分から午後3時30分までとする。ただし、センター長が特に必要と認めたときはこの限りでない。

(閉庁日)

第6条 支援センターの閉庁日は、次のとおりとする。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

(報告)

第7条 センター長は、支援センターにおける児童生徒への支援状況等について、教育支援センター活動状況報告書(別記様式)により、毎月教育長に報告するものとする。

2 教育長は、前項の報告書の写しを当該児童生徒が在籍する学校の校長に送付するものとする。

(評価)

第8条 教育委員会及び支援センターは、年度末に当該年度の実施状況について評価を行うものとする。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

1 この規則は、平成21年4月1日から施行する。

2 安来市教育相談指導員設置に関する規則(平成16年安来市教育委員会規則第9号)は、廃止する。

画像

安来市教育支援センター運営規則

平成21年3月25日 教育委員会規則第1号

(平成21年4月1日施行)