○安来市出納員等に関する規則

平成22年3月30日

規則第7号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第171条第1項の規定に基づき設置する出納員その他の会計職員に関し必要な事項を定めるものとする。

(出納員)

第2条 各部課等に、出納員を置く。

(分任出納員)

第3条 法第171条に規定するその他の会計職員として、市長が認める部課等に分任出納員を置く。

(任免)

第4条 市長は、出納員及び分任出納員(以下「出納員等」という。)を任命しようとするときは、会計管理者の意見を聴くものとし、これを任免したときは、会計管理者(分任出納員にあっては、会計管理者及び当該分任出納員が所属する部課等の出納員)に通知するものとする。

(職名)

第5条 出納員等は、その職務の執行に当たっては、それぞれ安来市出納員又は安来市分任出納員の職名を用いなければならない。

(現金の収納)

第6条 出納員等が現金を受領したときは、別表に掲げる領収印を押印した領収証書(様式第1号)又は領収証書(様式第2号)を納付人に交付しなければならない。ただし、金銭登録機により収納するものについては、レシートをもって領収証書に代えることができる。

(領収印及び領収証書の交付等)

第7条 出納員等の領収印及び領収証書は、会計管理者がこれを交付する。

2 出納員等は、前項の規定により交付を受けた領収印を、責任を持って保管しなければならない。

(検査)

第8条 会計管理者は、出納員等の職務執行の状況を定期又は臨時に検査しなければならない。

2 会計管理者は、前項の検査の結果必要があると認めたときは、出納員等の職務執行に関し指示し、又は監督上の措置をとらなければならない。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月31日規則第21号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成29年8月28日規則第26号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第6条関係)

区分

領収印ひな形

寸法

出納員

画像

直径21mm

分任出納員

画像

直径21mm

画像

画像

安来市出納員等に関する規則

平成22年3月30日 規則第7号

(平成29年8月28日施行)