○安来市住宅地貸付け及び譲渡に関する条例施行規則

平成30年3月23日

規則第9号

(申請者の要件)

第2条 条例第3条の規定により規則で定める要件は、次のとおりとする。

(1) 年間所得が200万円以上である者

(2) 次に掲げる者でない者

 暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号。以下この号において「法」という。)第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下この号において同じ。)

 暴力団(法第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下この号において同じ。)又は暴力団員に資金を提供する等、暴力団の活動に関与している者

 暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有している者

(貸付けの申請)

第3条 条例第4条の規定により住宅地の貸付けを受けようとする者(以下「申請者」という。)は、住宅地貸付申請書(様式第1号)に関係書類を添えて市長に提出しなければならない。

(貸付けの決定)

第4条 市長は、条例第5条第1項の規定により貸付けを決定したときは、住宅地貸付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(賃貸借契約の締結)

第5条 借受人は、条例第9条の規定により賃貸借契約を締結するときは、住宅地賃貸借契約書(様式第3号)に、次に掲げる書類を添付しなければならない。

(1) 印鑑証明書(連帯保証人のものを含む。)

(2) 契約保証金を納付したことを証する書類

(3) 連帯保証人の誓約書及び所得を証明する書類

(連帯保証人の要件)

第6条 条例第10条第2項の規定により規則で定める要件は、年間所得が200万円以上である者とする。

(契約保証金の還付)

第7条 市長は、条例第11条第4項の規定により市に帰属した契約保証金の範囲内において、未払いの債務及び借受人の責めにより発生する費用を差し引き、契約保証金の一部又は全部を還付するものとする。

(契約の承継)

第8条 条例第13条第1項の規定により借受人を変更しようとするときは、借受人変更許可申出書(様式第4号)に関係書類を添えて申し出るものとする。

2 借受人の死亡等により、借受人自ら申出ができない場合は、その権利の相続人等が申し出るものとする。

(借受人に対する譲渡の特例)

第9条 条例第15条第1項の規定により貸付地の譲渡を希望する借受人は、譲渡を受けようとする2月前までに住宅地譲渡申請書(様式第5号)を提出するものとする。

2 市長は、前項の規定による申請を許可する場合は、住宅地譲渡許可書(様式第6号)を交付するものとする。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

画像画像画像画像画像

画像

画像

画像

安来市住宅地貸付け及び譲渡に関する条例施行規則

平成30年3月23日 規則第9号

(平成30年4月1日施行)