○伊達市名誉市民に関する条例施行規則

昭和41年6月28日

規則第10号

(目的)

第1条 伊達市名誉市民に関する条例(昭和41年条例第24号)の施行については、この規則の定めるところによる。

(推せん基準)

第2条 名誉市民として推せんする者は、次の各号の一の要件を備えているものとする。

(1) 学術、技芸の進展、産業文化の振興または社会の進歩に偉大な貢献をなした者

(2) 私財を投じて公共施設を設け、公共の福祉の増進または、社会公益上顕著な功績があつた者

(名誉市民章)

第3条 名誉市民章は、本人に限り終身これをはい用し、遺族はこれを保存することができる。

2 名誉市民章の制式は、付図のとおりとする。

(雑則)

第4条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年3月30日規則第9号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成24年6月18日規則第32号)

この規則は、公布の日から施行する。

付図(第3条関係)

伊達市名誉市民章

画像

画像

伊達市名誉市民に関する条例施行規則

昭和41年6月28日 規則第10号

(平成24年6月18日施行)

体系情報
第1編 規/第3章
沿革情報
昭和41年6月28日 規則第10号
平成12年3月30日 規則第9号
平成24年6月18日 規則第32号