○伊達市青少年指導センター設置条例

昭和50年3月24日

条例第13号

(目的及び設置)

第1条 青少年の健全なる育成を助長することを目的とし、青少年の指導に関係ある機関、団体が連絡協調を密にし、有効適切な指導活動を有機的かつ効果的に推進するために、伊達市青少年指導センター(以下「指導センター」という。)を伊達市役所内に設置する。

(業務)

第2条 指導センターの業務は、次のとおりとする。

(1) 関係機関団体の連絡調整

(2) 街頭指導

(3) 事後指導

(4) 相談指導

(5) その他必要な事項

(運営委員会の設置)

第3条 指導センターの円滑な運営を図るため、伊達市青少年指導センター運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。

2 運営委員会の委員(以下「委員」という。)の定数は7名以内とし、伊達市青少年問題協議会委員及び幹事並びに知識経験者のうちから市長が委嘱する。

3 委員の任期は2年とし、補欠により委嘱された者の任期は、前任者の残任期間とする。ただし、再任を妨げない。

4 その他運営委員会の運営について必要な事項は、別に定める。

(職員)

第4条 指導センターに所長、その他必要な職員を置く。

(指導員)

第5条 青少年指導を行なうために、指導センターに指導員を置く。

2 指導員は、青少年指導関係機関、団体及び民間協力者のなかから市長が委嘱する。

3 指導員の任期は2年とし、補欠により委嘱された者の任期は、前任者の残任期間とする。ただし、再任を妨げない。

4 指導センターに専門指導員を置くことができる。

(委任)

第6条 この条例に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この条例は、昭和50年4月1日から施行する。

伊達市青少年指導センター設置条例

昭和50年3月24日 条例第13号

(昭和50年3月24日施行)

体系情報
第9編 祉/第1章
沿革情報
昭和50年3月24日 条例第13号