○伊達市青少年問題協議会規則

昭和38年7月22日

規則第6号

(委員)

第1条 伊達市青少年問題協議会(以下「協議会」という。)の委員は17人以内とする。

2 前項の委員は次の各号に掲げる区分により任命する。

(1) 市議会議員 2名以内

(2) 関係行政機関の職員 4名以内

(3) 学識経験者 11名以内

(招集)

第2条 協議会は会長が招集する。

2 委員定数3分の1以上の者から協議会に附すべき事項を示して協議会招集の請求があつたときは、会長は招集しなければならない。

(会議及び議事)

第3条 協議会は委員の2分の1以上の出席がなければ会議を開くことができない。

2 協議会の議事は出席委員の過半数で決し可否同数のときは会長の決するところによる。

(庶務)

第4条 協議会の庶務は書記が処理する。

2 前項の書記は関係行政機関の職員のうちから市長が任命又は委嘱する。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

伊達市青少年問題協議会規則

昭和38年7月22日 規則第6号

(昭和38年7月22日施行)

体系情報
第9編 祉/第1章
沿革情報
昭和38年7月22日 規則第6号