○伊達市成年後見支援センター事業実施要綱

令和2年3月17日

告示第42号

(趣旨)

第1条 この告示は、伊達市成年後見支援センター(以下「センター」という。)が実施する事業(以下「事業」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(事業の目的)

第2条 この事業は、認知症、知的障がい、精神障がい等により判断能力が十分でない者の権利を尊重し、及び擁護することで、これらの者が地域で安心して暮らせるよう、成年後見制度の円滑な利用に向けて支援することを目的とする。

(実施主体)

第3条 事業の実施主体は、市とする。

2 市長は、事業を実施するため、センターを設置する。

3 市長は、事業の実施について、事業の運営の全部又は一部を適切な事業運営が確保できると認められる社会福祉法人等に委託することができる。

(事業内容)

第4条 事業の内容は、次のとおりとする。

(1) 成年後見制度に関する相談及び利用支援

(2) 成年後見制度に関する広報及び啓発

(3) 市民後見人の養成

(4) その他センターの運営に関し必要な業務

(遵守事項)

第5条 第3条の規定によりセンターの事業運営を委託するときは、事業の適正かつ積極的な運営を確保するため、市長は受託者に次に掲げる事項を遵守させるものとする。

(1) 毎年度、事業の実施状況等を市長へ報告すること。

(2) 市長が必要に応じて行う事業の実施状況の調査に協力すること。

(3) センターの業務に従事する者又はこれらの職にあった者に対し、その業務に関して知り得た秘密を漏らさないよう措置を講ずるほか、個人情報の保護及びプライバシーの尊重に万全を期すこと。

2 センターは、個人情報の取扱いに際して、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)伊達市個人情報保護条例(平成16年条例第26号)その他個人情報の保護に関する法令を遵守するとともに、個人情報の保護及びプライバシーの尊重に万全を期すものとする。

(委任)

第6条 この告示に定めるもののほか事業の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、令和2年4月1日から施行する。

伊達市成年後見支援センター事業実施要綱

令和2年3月17日 告示第42号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第9編 祉/第1章
沿革情報
令和2年3月17日 告示第42号